山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



UAEで、ドバイ~シャルジャ~アジマンと移動する中で、

数日前から「シェイク?」「シェーク?」と、

地元関係者が言っていた意味が、やっと分かった!

 

SHAKE? なぜここで、何を振るの? シェーカーでもあるまいし?

SHARK? サメ? ドバイにサメがいるの??

 

ある特定の人達を呼ぶときに、シェイクというような言葉を使っていて、

どうしても、その理由が聞くに聞けずに、悶々としていたのだが・・・

アジマンの王族別荘に行く高速道路を見ていて、やっと分かった!!

 

そうだ、SHEIKだ!!

イスラム教国、特にアラブ諸国では

いわゆる族長・首長、転じて国王はじめ王族関係者に付ける敬称。

これがSHEIK!!

高速道路から見える標識に、SHERIK~~~という名称が付いていたので

地元の王族の名前を冠した道路だったこと、やっと気が付いた次第。

確かに、語感的には「シェイク」「シャイフ」「シャイク」とも聞こえる。

 

そんな王族関係者の別荘に招かれて、ラクダの置物を頂戴した一シーン。

これから、様々な意味でお付き合いさせていただくに際して、

次回10月に再訪する際には、日本から練りに練ったお土産を用意しなくては。

 

それにしても、別荘とはいえ、こんなにも広いとは。。。

 

邸内には、デーツ(ナツメヤシの果実)が、所狭しとなっている。

デーツは、砂漠に生えるナツメヤシの実。

砂漠で生きる人々の、生命のもとになった実でもある。

その証拠に、イスラム教のコーランでは・・・「神の与えた食物」

キリスト教の旧約聖書では・・・「エデンの園の果実」などとも呼ばれるそうだ。

 

デーツは、砂漠という過酷な環境下で生き抜くために、

貪欲に、地中の水分・栄養を吸収することから、

ビタミン・ミネラルが豊富で、この地にとっては欠かせない果実だという。

 

お土産に大量にもらったデーツは、

韓国系クライアントにすべて差し上げてしまったので、

残念ながら、日本で食することはできないのだが・・・

 

濃厚で甘くて栄養感たっぷり、それも複数種もある、本場のデーツ!

次の機会には、SHEIKからいただいた貴重な果実を、ぜひ日本にも持って帰りたい!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« どこに行って... エミレーツ・... »