山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日の早朝勉強会は、「ふるさと納税」について。

地方と東京都との対立など、なにかと賛否両論も聞かれる「ふるさと納税」・・・

我が家でも、妻が「ふるさと納税」にややはまりつつあり、

「ふるさと納税」チョイスグッズがなくなると、

今度はあれ、次はどれ・・・などと、品物を定めて私にもオーダーが来る!

もちろん、ほとんどすべてが、家計の足しになるモノばかり。。。

 

今日の講師は、株式会社トラストバンク 代表取締役・須永珠代氏。

https://www.trustbank.co.jp/index.php

Webコンサルタントとして、ECサイトの戦略、戦術立案から構築まで100以上ものサイトを立上げた後、

2012年4月、満を持して??株式会社トラストバンクを創業。

同年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を立ち上げる。

知る人ぞ知る「ふるさと納税」の表も裏も知り尽くす、ワークウーマン!

日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」大賞も受賞している。

 


そもそも、福井県の西川知事が率いた「ふるさと納税研究会」が、事の起こりらしい。

ちょうど東日本大震災とも重なり、災害時に多くの寄付金が集まる姿をみて、

災害時のみならず、平時からも、自治体間で互助する仕組みをつくることができないだろうか。。。

 

そんな発想がきっかけになって、菅官房長官が政府で音頭をとったこともあり、「ふるさと納税」がスタート!

そして2012年9月、「ふるさとチョイス」立ち上げ。

 

「ふるさと納税」は、国民が自分の意思で税金を移動することのできる、

まさに ”画期的な民意の反映” と言い切る、須永氏。

「あなたの意思をふるさとに」をキーワードに、全国を走り回っている!

 

「ふるさと納税」は、地域間で「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」

を循環させる、大きなチャネルになっていると説く。

 

さらに、「ふるさと納税」を通じたクラウドファンディング

「ガバメント・クラウドファンディング」の展開など、

須永氏は、地域を支援する様々な事業も手掛けている・・・

「ふるさとチョイス」を超えた、今や「地域方活性化」のキーウーマン!!

 

ところで、「ふるさと納税」は平成27年度に飛躍的に伸びたことは、記憶に新しい。

「ワンストップ特例制度」「寄付金控除限度額が2倍」になるなど、政府の税制改正によるもの。

 

平成28年、全国で最も「ふるさと納税」を集めた自治体は、70億円。全国での総額は2,844億円。

1億円以上集めた自治体が、500団体以上もあったという。

平成29年の全国1位は、なんと100億円を超え、全国での総額は3500〜4000億円になる見込み。


かつて、竹下内閣時の日本創生計画で、

各自治体に使い切れない1億円をバラマキいた時とは、ワケが違う!

納税者一人一人の意思による「ふるさと納税」という寄付1万円が、

積もり積もって、積み重なった1億円!!

だからこそ、寄付してもらった自治体としても、決して無駄には使えない!!!

日々、税をあつかう職業会計人として、

誰よりも納税者に近く生きるひとりとして、

「税の使いみちは、民主主義の根幹」という、私自身も信念があるだけに、

須永氏の確信に満ちた力強いコメントに、心深く動かされた、

とても有意義な、早朝勉強会のひととき!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 青春もプレイ... 目の前の整理... »