山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



昨日参加した、日本美容専門学校主催の「美とリベラルアーツ」セミナー。

 

最終回は、同校・阿部博人校長による

「お金と経済を考える~ベニスの商人から仮想通貨まで」とともに

最終セッションは、黒田達也・事業創造大学院大学副学長による

「"AI" って何だ~社会はどうなる?仕事はどうなる??」

高校生ならずとも、大人も引き寄せられるような、興味深い2セッション。

 

 

黒田達也氏の講演は、社会・仕事・人間そのものの生き方を変えてしまいかねない

AIの最先端にふれる内容で、とても惹きこまれる内容!

 

AI、IOT、RPA等々が、これからの社会にどんな変革をもたらせていくか、

あまりのリアリティに、いくぶん怖さすら感じる内容だっただけに、

ブログで詳細をご紹介するのは避けることにするが・・・

 

オックスフォード大学とイエール大学の研究者による論文によると、

『AIが人間に代替する年』

翻訳」・・・2024年

「高校生レベルの作文」・・・2026年

「大型トラックの運転」・・・2027年

「個人向け営業」・・・2036年

「複雑な外科手術」・・・2053年

 

ここまでだけでも、かなりショッキングだったのだが

最後の最後に、

「すべての職業」・・・2136年!!!

 

思わず、息を呑んでしまった。。。

 

自分が生きていないから良いとか、

死んだ後だから全く関係ないとか、

という問題では決してなく。。。

 

一度、一日でも二日でも、いや一週間かけてでも、

みんなで集って、黒田氏の話を読み解きながら、

100年超後の『人間とAI』について、思いをめぐらせてみたい。

 

いったい、どんな社会が到来するのだろうか???

考え始めると、夜も眠れなくなってしまうかも。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 学力も大事だ... ドバイ到着早... »