山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



昨日、税務調査最前線!という、かなり生々しいセミナーを受講。

この手の講師は、必ずと言っていいほど、税務署出身の税理士。

自身が税務調査担当をしていたり、国税の条文を詳細にわたって押さえておられる

まさに、税務調査のプロ中のプロが・・・こんどは反対側にまわって

納税者の立場に立つ税理士のために、講演会を開いてくれるので~かなり有難い。

 

昨今の税務調査動向。

富裕層への対応、

海外取引事案への対応、

無申告法人といった事項が並ぶのは、そうだろうな~という感じなのだが、

それに加えて、

税理士がいない保険外交員への調査も多い・・・

それも白色申告が多い・・・

領収書がなく否認されることも・・・

もちろん、1,000万を超えている個人事業主への消費税狙いも・・・

 

実は当社でも、生命保険外交員の所得税確定申告に関して、

来年度あたりから、かなり力を入れていこうと思っていた矢先だけに、

事前チェックポイントの予習にもなって、かなり有益。

 

研修会の内容は、やはり専門的なので、ブログではふれないが、

税法上・・・

「税務調査を受けなければいけないという条文はない」

と聞くと、どのような感想を抱かれるだろうか?

「でも、税務調査に関する質問検査拒否には罰金」

と聞くと、今度はいかがだろうか??

 

ならば、今度は刑法・・・

「殺人してはいけないという法律はない」

確かに、そんな法律はない。

「でも、人を殺したら、殺人罪」という刑法の条文はある。

 

刑法に置き換えてみると、少しわかりやすくなることも。

「租税法律主義」に基づいて成り立つ日本。

わかりやすく税法を伝える工夫、

税理士にも、大いに求められる時代かと。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 銀座ど真ん中... さすが三笠会... »