山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



昨日9月2日、会合を終えて事務所に戻って、

本当は別の内容のブログを書こうと思って、

遅くに書き始めようとしていたところに・・・

 

58年間、新宿区に生まれ育ち、

今も、住所も勤務地も新宿区。

いまだに、新宿区以外に住んだことのない一人として、

ナントも悲しい、複雑なニュースに接して・・・

急遽、ブログの話題を変えることに。

 

昨日、新宿区選挙管理委員会は、

今年4月の統一地方選挙で、新宿区議会議員に当選した議員を

新宿区内での居住実態がないとして、当選無効とする決定をしたという!

 

報道によると、統一地方選挙後の5月に、

新宿区民から「当選効力への異議申し立て」を受けて、

居住実態の調査を開始したという。

 

選挙時に、選管に対して届け出のあった住所を調べたところ、

1月24日から約2か月間にわたって、水道利用料がゼロ・・・

電気やガスの使用量も、極めて少なかった・・・

ことなどが判明。

それゆえ、この場所で「生活を営んでいたと認めるのは困難で、

『生活の本拠』があったことは認めがたい」と判断したという。

 

昨夜午後7時過ぎからの記者会見では、当のご本人は

「夫のいる練馬区の家に帰ることはあったが、新宿の家で生活をしていた。

水道や電気・ガスだけで判断されるのは、納得がいかない」

と、東京都選挙管理委員会に不服申し立てするという。

 

この新宿区議会議員は、名前すら知らず、まったく面識もなく・・・

そもそも、こんな騒動が起きていることすら知らなかったのだが・・・

 

及ばずながら、相応の住民税を、長年新宿区に支払っている身としては、

都心の新宿区で生きていくコストを、長年身に沁みている住民としては、

そもそも、こんなバカげた騒動が起こること自体・・・

 

生まれ育った、大切な新宿区が踏みにじられているようで、

7名の新宿区議会議員を生み出した、かつての夢を砕かれ、

軽んじられているようで、なにかとても悲しい気持ち。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 中小企業経営... すき家は「店... »