山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



 

「振音サロン」と聞いても、あまり聞きなれないかもしれない。

上の写真は、代々木にある「振音セラピー」Bois de Beaut(ボワ・デ・ボーテ)のサロン風景。

運営するのは、女性起業家として、開業前から当社に相談に来られて、

はや10数年も経つ、当社顧問先㈱MPB研究所・荒森香衣氏。

 

開業にあたって、同氏が懇意にされていた区長から、

「女性起業家として、ぜひとも応援して欲しい!」との

お墨付き?鳴り物入りで! 一緒に創業準備したのが、

つい昨日のことのようで・・・とても懐かしい気持ちになる。

 

Bois de Beaut(ボワ・デ・ボーテ)とは、フランス語で「美しい森」の意味。
 
荒森氏のメッセージによると・・・http://www.mpb-shinon.jp/
 
地球が生まれて36億年の歳月を経て、自然の法則を今も受け継いでいる森クローバーをイメージしています。
 
この森の中で新たに木々が育ち、泉が湧き出て、私達はそこからエネルギーをもらっています。
 
不思議と森林の中にいると、癒され、心が晴れ晴れします。
 
そんな空間のサロンを目指して、この“美しい森”Bois de Beautéと名付けました。
 
【心と体を美しく】をモットーに、美容に関わること、日々のことを綴っていきたいと思います。

 

そして、「森」を置く暮らしに欠かせないのが、『フィトンチッド』。

実際に、サロンで私も経験してみたが・・・なんとも言えない「森の空気」の魅力。

 

『フィトンチッド』って?・・・

自らは移動することができない樹木は、

外敵からの攻撃や刺激を受けても、避難することができない。

 

そのため、自身を守る手段として、

傷ついたときに病原菌に観戦しないように、

傷口を殺菌したり、害虫などを寄せ付けない

「フィトンチッド」という、揮発性物質を放出しているという。

 

何千年もの間、生き続けることのできる樹木にとって、

「フィトンチッド」が、まさに樹木の生命の源になっているという。

 

確かに、人間よりもはるかに長い樹命をもつ、自然のなかの樹木。

森林浴という形で、その治癒力にふれることができたら、

人間の命にとっても、心身ともに大きな効果があるだろう。

 

私も自室に置く・・・森のチカラ「フィトンチッド」

決して、顧問先だからではなく、

良いものをしっかりと伝えていくこと、

これも会計人の使命かと・・・そんな気持ちで、ご紹介した次第。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 松井秀喜選手... せっかく、応... »