山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



3連休明けの火曜日。。。

中国・北京に本社を置く貿易会社の日本子会社との面談。

 

しばらく前に、お問い合わせのご連絡をいただいていたのだが、

私が海外出張に出ていたこともあり、問い合わせ以来

しばらく経ってからの面談になってしまった次第。

 

本当に有難いことに・・・

中国語での税務会計業務対応ができる会計事務所を

わざわざWEB上で探して、当社に問い合わせいただいた。

 

おそらくは、当社HPは、日本語のみならず

中国語・韓国語でも会社・業務案内を表記しているため、

中文でWEB検索していただいたことかと。。。

 

当社設立当初から、「日中の架け橋たらん!」との強い想いをもつ

中国出身社員が在籍していて、想い起せば、中国での結婚披露宴で

拙い中国語でスピーチしたことも思い出す。

 

本来は、私がもっと中国語・韓国語のスキルを磨けば・・・

外国出身社員さんの負担も、もっと減るだろうに、

語学能力の低い、わが身を嘆くばかり。。。

 

「ところで、中国語と韓国語、どっちが日本人にとって学びやすい??」

行き帰りの電車のなかで、社員さんとこんな話になった!

「絶対、韓国語ですよ~」

「語順が似ているから、単語さえ覚えれば~」

「それは、韓国人にとっての日本語にも言えることですよ~」

と、当社トリリンガルな語学堪能社員さんに、教えてもらった。

 

そういえば、先週末まで滞在していたドバイでは、私を除く全員が韓国人。

韓国語でのビジネス会話が始まってしまうと、私などは

ほとんど ”仲間はずれ状態" ・・・

 

でも、慰めてもらったつもりなのか、

「こうやって、ずっと韓国語を聞いていれば、そのうち分かるようになりますよ~」

。。。と言われても。 分からないものは分からない・・・トホホ状態?!

 

中国企業との面談を終えて、次は韓国系クライアントとのMTG。

中国語・韓国語が、社員さんのように自由自在に使えたら、

どんなにかビジネスのスピードも上がり、さらに大きく広がるだろうに。。。

 

そんな「ないものねだり」をしながら、

若い頃、語学勉強が足りなかった、我が身を反省するばかり。。。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「人生の正午... 「アナログ」... »