山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



毎週月曜日は、全体朝礼。

 

隣接するホテルウイングインターナショナルで

四谷倫理法人会のモーニングセミナーに出席した後、

帰社して掃除~朝礼~全体MTGへと続く。

 

朝礼では、挨拶実習のあとに、

その日の担当者が「職場の教養」を音頭する。

 

 

私自身、四谷倫理法人会の会長を務めたこともあり、

一般社団法人倫理研究所が発行している「職場の教養」を音読して、

感想を述べることを、一日の大事なスタートにしている。

 

実は。。。この「職場の教養」

発行部数が200万部という、かくれたミリオンセラー!!

 

休み明けの月曜日は・・・土曜日・日曜日・月曜日と

3名の社員が音読~感想を述べることになるのだが、

どうも感想を聞いていて、心が動かない。。。

社員さんには申し訳ないが、パッとしない。。。

 

いつもは、あまり小言をいわないのだが、今日はひと言。

「朝礼委員長は、どの日にちが、どの社員さんに音読担当として

 割り振られるのか、予め伝えてあげてほしい」

「前日でもよいし、大変であれば一週間分まとめてでもよいから・・・」

「その割り振りを聞いて、音読担当者は、自らの感想を考えてほしい」

「せっかく、他の社員さんの前でコメントするのだから、心に残る

 共有してほしいと思えるような話を、是非とも心がけてほしい」

「ただ単に、思い付きのような冗長な話は、どうか止めてほしい・・・」

 

かくいう私自身、松下政経塾在塾時代に、こう厳しく教わってきた。

大事な仲間であるからこそ、大切な時間を奪うな~と。

 

毎朝行う、政経塾の朝礼で、

20人参加していたら、30人参加していたら、

時間の無駄になるような、役に立たない話を、3分間もしたら・・・

3分×20人分=60分=1時間も

3分×30分=90分=1時間半も無駄にするんだぞ!

 

いま思うと、この時の教え、この時のトレーニングはかなり身に沁みて、

他人様の前で、心に響かないような無駄な話をすることはしまい!と、

いつも気持ちを込めて、瞬間であっても準備して、

人前で話すように、心がけてきたように思う。

 

日々の朝礼を通じて、こんな訓練をしていってもらえたら、

社員さんも顧問先の前で話したときに、決して大事な顧問先の時間を無駄にすることなく

”要を得て簡” に、より良いコミュニケーションをとってくれることと信じて。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ラグビー・ワ... バーミヤン号... »