山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日は、土曜日にもかかわらず、早朝からフル稼働!!

朝7時前に自宅を出て、千葉県に向かう。

途中、市原市でゴルフキャディのアルバイトがある娘を乗せて、

市原市経由で、いすみ市でグループホームを経営する顧問先のもとへ。

 

それにしても、朝7時台からのアクアラインの渋滞には、

トンネルの中だけにかなり閉口したが、予定通り、いすみ市へ到着。

グループホームは、高齢者向け、定員は9名。

外房で海からも近く、日当たりもよく、のどかで温暖な環境。

 

かつて、地元自治体からの依頼も受けて、東京からの進出を決めた当時のこと・・・

そして今では、近隣からの入居者で、大きく地域貢献を果たしていること・・・

当初の土地取得・設備計画・資金計画段階から関わってきた私としても、

こうしてクライアントが、地域に貢献して、地域から喜ばれていること、

何とも言えない充足感。。。

 

 

そして、広大な土地を有効活用して、太陽光パネルの設置による売電事業も。

低圧49.5kwが複数基並ぶ・・・太陽光発電パネルは、圧巻でもある。

経済産業省の方針により、いわゆる買取価格は変動してきているのだが、

初期の32円時代に設置申請したものは、利回り13%超・・・

その後、27円時代に設置したものは、利回り13%・・・

21円でも、利回り10%・・・

 

一般的に、太陽光発電パネルは利回り9%と言われるなか、

土地所有者だけあって、かなりの高利回りとなっていることも、

経営者としての先見の明を感じて、こちらも

何とも言えない安心感。。。

 

そして、地元・いすみ市を良く知る、

グループホームの現地管理者に案内してもらった、飲食店。

いすみ米とともに食する、いすみで上がった刺身の味!

言葉にはできないくらい、新鮮で美味しい!

東京オリンピックのサーフィン会場が、千葉県の一宮に決まったこともあり、

是非とも、「いすみ米」「いすみの塩」「いすみの魚」を、

来日客に食べてもらい、日本全国~世界に広げたい、と熱く語る地元関係者。

 

それにしても・・・美味しい、新鮮な ”いすみの魚”!

一度口にすれば、地元の熱意も、すぐにナットク!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 『最初にいえ... 『母の日』感... »