山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之氏から頂戴する「未来デザインメルマガ」。

若尾氏は、私と同じ歳ということもあり、

時に生きる姿勢をも、”要を得て簡” にアドバイスしてくれる

メルマガの内容には、共鳴することが多い。

 

ちょうど10日くらい前にいただいた

「未来デザインメルマガ」第993号。

テーマは『今日が人生で一番若い』・・・

内容が秀逸だったので、是非ともご紹介したい。


あと1週間で6月も終わります。

今年も1年の2分の1が終わったことになります。

月日の流れは早いです。


自分で「もう歳だから無理」とか「もう少し若かったら出来たのに」

と言い訳して、新しいことにチャレンジすることに、

あきらめてしまっている人が多いように見えます。



今日より明日はもっと歳をとっています。

今日のあなたが、長い人生の中で一番若いのです。

何かをしようとしたら、今日からはじめることです。


私自身、50代後半になったことを良いことに(言い訳にして?)

次の世代の社員さん達に、

「これからはもう君たちの時代だから」と言う機会が、

口癖のように増えてきている気がする。

 

いや、気がするのではなくて、

これから頑張るのは、次の世代の若いみんな、

我々は、もうそろそろ楽をさせて。。。

 

「運転手は君だ」

「車掌は僕だ」

という歌が、幼い頃あったが、まさに・・・

「頑張るのは君だ」

「(頑張る君を)応援するのは僕だ」

というような姿勢に入り込みつつあったように思う。

 

人間は「相対差」ではなくて「絶体差」。

若い人たちと比べるのは、あくまでも「相対差」

昨日までの自分自身と比べるのが、「絶体差」

 

確かに、今日の私が一番若い。

今日の私自身が、長い人生の中で、一番若い。

だから、若い世代の人たちに ”頑張れ!” という前に、

長い人生の中で一番若い、今日の自分自身に ”頑張れ!” とハッパをかけなくては。

7月は、こんな思いでひと月を過ごしたい。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« つねに自慢話... 「早期経営改... »