山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日は18時から、新宿区の地元新聞社・全東京新聞社の総会。

まさに総会シーズンで、総会が重なってしまった私は、19時50分にやっと到着。

そうしたら、とても美しい歌声が。。。

 

声の主は、今日の総会で「第8回社会貢献賞」を受賞された曽根由希江さん。

昭和の頃、一斉風靡した、かの曽根幸明氏の愛娘。

曽根幸明氏といえば・・

勝新太郎「座頭市子守唄」、細川たかし「いつかどこかで」、

山川ゆたか「流氷子守歌」、森進一「銀座の女」

そして、藤佳子や園まりが歌った「夢は夜ひらく」等々、

数え上げればきりがないくらい、名曲を作曲されている。 

 

その愛娘が目の前で、弾き語りで歌ってくれている感動は、もとより

曽根幸明氏亡き後の奥さまが、愛娘と一緒に歌われている姿・歌声・・・

「歌って、こんなに上手に、綺麗な声で歌えるんだ~~~」と感動するくらいの、母娘でのコラボ!

 

今日の主催者・全東京新聞社の全社長・現理事長の小田ひかる(小田天界)氏。

兄妹が力を合わせて、事業発展を成し遂げて来られただけに、

私と妹が、常に憧れて目指すべき存在として、尊敬している。

 

総会&懇親会の後半・・・カラオケタイムに。

そのなかで、小田天界理事長の姪御、小田晴美・新社長の愛娘が、

叔父さま作詞の歌を、デュエットで歌っている幸せ!

姪御さんが、一緒に付き合って?歌ってくれる幸せ!

 

親子の絆が深い、いや親族の絆が深い・・・

素晴らしい場面に、私もご一緒できて・・・

本当に嬉しい!!!

 

 実は昨年、私も同会から頂戴した「社会貢献章」。

それだけに、今日の曽根由希江さんが受賞されたこと、我がことのように嬉しかった!

 

また全東京新聞社は、折にふれて、当社の事業についても取材掲載してくださる。

昭和23年の創刊というから、今年で創刊70年!

地元・新宿から、様々な情報発信を続けて来られたこと、ただただ敬服!!

地元・新宿に生まれ育ったひとりとして、生涯にわたってお付き合いしたい!!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 義務の会計で... 駅前で「Uber ... »