山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日は、TKC四谷支部例会に「投育社」から講師をお招きした。

 

「とういくしゃ???」

少し聞きなれないかもしれないが、「投資育成株式会社」の略称。

今回は、東京中小企業投資育成株式会社から講師を招いたが、

ほかに名古屋・大阪にもある。

「投育社」は、中小企業の自己資本の充実と健全な成長発展を支援するため、

1963年「中小企業投資育成株式会社法」に基づいて設立されて政策実施機関。

もともとは、政府出資によって設立された機関でもあり、

中小企業・ベンチャー企業の『育成』を主たる目的としていることから、

「株式公開」や「事業譲渡」という、ベンチャーキャピタルが投資する場合に

求められるような出口がなくても、出資に応じてもらえる点が、大きな特徴!!

 

投資先も、必ずしも高度な技術力をもった、

いかにもベンチャーキャピタル好みの企業でなくてもOK。

中小企業が「増資」「自己株式の売却」を検討する場合には、

民間のベンチャーキャピタルのみならず、「投育社」も同時に検討すべきことを

今日の社員朝礼でも、説明。

 

しかしながら・・・そうはいっても、地方公共団体・金融機関・商工会議所などが

「投育社」の株主であるだけに、「投育社」の出資先としてお目に叶うかどうかは、

かなり審査に時間がかかり、審査基準が厳しいともいわれている。

その反面、「投育社」が出資をしていれば、

民間ベンチャーキャピタルからの投資も受けやすいという利点も。

 

そんな特性をしっかりと理解したうえで、時として「投育社」の活用も

クライアントに提案していきたい。

 

商号 東京中小企業投資育成株式会社
Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation CO., LTD.
(SBIC East Japan )
法人番号 9011001030621
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-29-22 [MAP]
TEL:03-5469-1811(代) FAX:03-5469-5875
URL http://www.sbic.co.jp
代表者 代表取締役社長 望月 晴文
従業員数 75名
資格等取得者 公認会計士 1名
税理士 1名
米国公認会計士 1名
中小企業診断士 9名
その他(証券アナリスト、MBA、宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー、情報処理安全確保支援士など)
設立 昭和38年11月15日(1963年)
資本金 66億7,340万円
株主 地方公共団体(18都道県)、商工会議所、金融機関、事業会社など
営業エリア 静岡、長野、新潟以東の18都道県他
姉妹会社 名古屋中小企業投資育成株式会社 (別ウィンドウが開きます)
大阪中小企業投資育成株式会社 (別ウィンドウが開きます)
株主名簿管理人 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
三菱UFJ信託銀行
株式に関するご案内 >>

【投資育成制度の仕組み】

 
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 24時間、クラ... 『去り際』に ... »