山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



東京オリンピック・パラリンピックも近いので、

なにかの時に使うかも~~~と思って

私の机の脇に置いてある、英語対訳で読むシリーズ!

 

「英語対訳で読む現代ニュース」

「英語対訳で読む日本の歴史」

「英語対訳で読む日本の名作」

「英語対訳で旅する東京」などなど・・・

 

ご紹介したのは、「英語対訳で読む日本のしきたり」の一節。

 

私も、昨日13日、お盆の墓参りを終えて、

今日14日、そして明日15日ともに、

先祖の霊と語らう、日本人にとって、正月と並ぶくらい大事な時期。

 

日本人でも、意外と知らなかったこと、気づかなかったことが

とても詳細に、英文で整理されて、分かりやすい単語で書かれている。

 

願わくは、ご一読を。。。

きっと、気づかれることも多いかと。。。

【日本語訳は、明日のブログにて・・・】

 

O-bon, from July 13 to 15 on the lunar calender,

is a seasonal event just as important for the Japanese

as New Year's is.

 

It is believed that the spirits of dead ancestors come back

to visit the house during these days 

and there are many customs to welcome them.

 

One of them is a bon-dana.

The bon-dana is a small altar to welcome ancestor's spirits,

on which the family put o-hagi, rice balls covered with bean paste,

and somen, very thin white noodles, as offerings to them.

 

The table is decorated with bamboo branches on each corner.

People also offer a horse-like figure made from cucumber and

a cow-like figure made from eggplant as transportation for the spirits.

 

The horse is for their ancestors to come quickly and

the cow is for them to go back slowly

because many Japanese people do'nt like to see them leave.



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« お盆の墓参り... 英語対訳で読... »