山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



先日、参加したプロアマチャリティーコンペ!

 

新宿区西早稲田に本社を置く、栄和リサイクル株式会社が主催。

『スナッグゴルフ』を通じて、未来の子供たちに

「正直に申告する勇気」を育んでもらいたいと開催を続けて、6回目。

 

もとより、私はゴルフはしないのだが・・・

『スナッグゴルフ』へチャリティー支援をする趣旨を聞いて、とても感動!

大学ゴルフ部に所属する娘を連れて、コンペに足を運んだ次第。

 

忙しいなか、有名なプロゴルファーが、これだけ多く集まっているのも

コンペを主催する「栄和リサイクル㈱の志」に心打たれたからだろう。。。

 

シニアに活躍の舞台を移した丸山茂樹選手。

お人柄通り・・・とても気さくな挨拶で、ひと言でファンになってしまう。

 

かつて、このプロアマで物議??を醸した片山晋呉選手

(とてもユニークな開会挨拶で、会場を沸かせていた・・・)

 

国内男子ランキング3位のB・ジョーンズ選手、

そして、ミズノ・オープンで2位になったばかり、チャン・キム選手。

365ヤードのドラコンで、大会を盛り上げていた!

 

「スナッグゴルフ」とは、テニスボールより一回り小さいボールを、

プラスチック製の大きなヘッドのゴルフクラブで打つ、

アメリカで開発された、ニュースポーツ。

 

ボールの重さは、ゴルフボールと同じ。

さらに打感、はゴルフにとても似ている。

 

それゆえ、子供たちが将来、「スナッグゴルフ」から「本物のゴルフ」へと

移行したときには、「スナッグゴルフ」時代の感覚が役に立つという。

 

私自身が「スナッグゴルフ」に、もっとも感動した趣旨。

ゴルフは、そもそも審判員を伴わない自己申告のスポーツ。

 

それゆえ、時には自分にとって不利になることをも、自ら正直に申告する勇気・・・

なによりも大切な、そんな勇気を「スナッグゴルフ」を通じて、子供のときから

養っていってほしい! という大会趣旨だ。

 

そして、この「自分に正直」という勇気は、

勝利やスコアの良し悪しに、勝るとも劣らず、尊敬に値するもの。

自己申告により、「潔さ」と「誠実さ」を身につけてほしい!

という点を強調しながら、大会として大切にし続ける姿勢。

 

その「スナッグゴルフ」を、プロアマが心ひとつになって

告知・広報、運営、さらに資金面でも、毎年支え続けている志!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ”がんばる経営... 乱気流のなか... »