山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



松下政経塾出身の政治関係者が主体となって組織し、運営している「SSK」。

各級選挙になると、政経塾出身候補者の情報交換の場となる。

 

7月に行われた参議院議員選挙に出馬した政経塾出身者も複数いたので、

昨夜9月11日、「お疲れさん会」も込めて、参院選総括・慰労会を開催。

 

塾出身者の自主運営なので、当社秘書室が長く事務局を務めているのだが・・・

どうも今回は、国会議員の集まりが悪い。。。という途中報告を受けていた。

 

昨日になって、やっと理由が分かった。

昨日、9月11日は「内閣改造」だったのだ。

 

私たちは、そんなことをまったく知らずに、かくもノー天気に

9月11日と、開催日時を設定してしまったのだが・・・

当の国会議員にとっては、しかも候補者足り得る与党国会議員にとっては、

いくら塾OBの会合といえども、それどころではない~~~という感じか??

 

それなら、せめて野党国会議員は??

与党でも、当選回数の少ない国会議員は??

 

聞くところによると、みんなソワソワして、SSKどころではなかった感じらしい~~

でも、ソワソワしていた国会議員は、結果的に閣僚になったの???

確かに、政経塾はじめ知己の閣僚も誕生したのだが、

 

昨日の夕方には組閣もすべて終わっていたのだから・・・

かねてからの同志が集まる選挙慰労会くらい、顔を出せないものだろうか??

議員を卒業してから久しいが、政治家ってそんなに忙しいの?

「松下政経塾」の功罪が、様々に評価されることもある時代になっただけに

「松下政経塾」で同じ釜の飯を食った、あの若かりし頃を、時には思い出してほしい。

「松下政経塾」出身者でも、なんでもない、実妹はじめ当社秘書室メンバーが、

長年、SSK事務局を務めてくれている姿を見ているだけに、そう思ってしまう。

 

閣僚になれたのだって、もとはと言えば「政経塾」にいたからじゃないの?

国会議員になれたのだって、もとはと言えば「政経塾」にいたからじゃないの?

 

そんなことを、やや悶々と想いながら・・・

会合も3時間を超えて、お開きに。

 

なによりの救い、なによりも尊敬すべき国会議員。

現職副大臣なのに、最初から最後まで、一刻も離れずに

3時間もず~~~と、SSK会合に付き合ってくれた先輩。

 

最後に、よせばいいのに私から~~

「先輩、こんな大事な日に、こんなに長く、一緒に飲んでいて大丈夫だったのですか?」

「もし急に、閣僚として官邸に呼び込まれたら、大変だったですよね~~~」

 

答えのひと言~~

「閣僚になれるかなれないか、もう先に分かっているから」

「今回は、オレはなし」

 

なんだ、みんな分かっているなら、もっと来ればいいのに!!

これを見た松下政経塾の国会議員、シェアして拡散して!!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「それじゃ、... 笑顔、忘れな... »