山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日の午後、350人をも超える、心ある熱い参加者が、

全国各地から集い、熱気あふれる会合が、地元・西新宿で開かれた。

 

この会合の主催者、というか・・・たった一人の言い出しっぺは、

松下政経塾時代からお世話になっている、上甲晃氏。

 

「このままの政治が続けば、やがて日本は行き詰まる。”国家百年の計” に立つ政治を」と

松下幸之助翁が、止むに止まれぬ想いから、84歳で松下政経塾を創設したのが1979年。

 

それから40年・・・

果たして日本の政治は、「国家百年の計に立つ政治」へと変わったのだろうか?

数多く、政経塾出身の国会議員が輩出されて、日本の行き詰まりは脱出できたのだろうか?

当時、松下政経塾の草創期に、塾生指導の先頭に立った塾頭として、天上にいる創設者

松下幸之助翁に、どんな報告ができるのだろうか?

 

上甲氏が、そんな積年の想いから、

40年前から、まだまだ変わっていない

日本の政治の現状と将来への危機感を抱いて、

『国家百年の計に立つ政治をめざす』運動を立ち上げ、

まさに今日、”旗揚げの会” を開催!!

 

もちろん、私自身も、松下幸之助翁が存命の時代に、

政経塾で学んだ一人として、議員も経験してきた一人として、

深く ”内省” するような想いで、西新宿の地に向かった。

 

今日は、ホンネで語り尽くすために、写真撮影なども禁止。

このブログでも、講演の内容等を記すことはできないのが、

とても残念でならないのだが・・・

 

政経塾出身の政治家・首長で参加し、

「日本、どうする」と題して想いを語ったのは、

私も長年、ともに歩んで来た先輩・後輩の同志・4名。

 

鈴木康友氏(浜松市長)

野田佳彦氏(衆議院議員・前内閣総理大臣)

山田 宏氏(参議院議員・前杉並区長)

中田 宏氏(前横浜市長・元衆議院議員)

 

原点が同じなだけに、私も思い深く、大きく心に刻みながら

食い入るように、熱い話に聞き入った。

 

「志ある政治家」と「心ある国民」が集うと、

こんなにも熱い共鳴が生まれる~ことを、肌で実感しながら

「政治を正さなければ、日本はよくならない!」との幟を掲げて

毎朝、街頭演説に立ち続けた、あの頃を思い出していた次第。

 

これからも、「志ある政治家」と「心ある国民」が、

ともに集う会合を、全国各地でも開催していきたいという。

 

特定の政党を支援するものでもない・・・

特定の政治を応援するものでもない・・・

政党を立ち上げようとするものでもない・・・

特定の政策集団を旗揚げするものでもない・・・

 

それだけに、明確な趣旨は伝わりにくいかも知れないが、

私自身、松下幸之助翁の想いに感銘を受けて

20代で、松下政経塾の門を叩いた一人として、

幸之助翁存命の頃、上甲塾頭に指導を受けた一人として、

私自身のできる、心ある顧問先・知人・友人のなかで

「志ある政治家」が熱く語る「国家百年の計の大計」を、

「心ある国民」がともに聞く機会を、ぜひとも設けてみたい!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 明日から「産... 1979年政経塾... »