山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



経営者の『お試し』支援って、一体全体なに??

とも言いたくなってしまうところだが。。。

 

経済産業省が、中小企業者の経営者が、

親族以外の第三者に事業承継することを

かなり親身になって、後押ししてくれる

歴(れっき)とした、かなり重要な国の施策!!!

 

このブログでも、何度となく紹介してきたが、

中小企業庁のデータによると。。。

 

中小企業経営者のうち、2025年までに、約245万人が70歳を迎える。

そのうち、なんと半数以上の127万人が、後継者が決まっていないという現状。

 

黒字のまま廃業という選択肢を選ばざるを得ないケースも多く、

このまま後継者難の状態を放置してしまうと、2025年までに

ナンと22兆円ものGDPが失われる・・・そんな試算すら出ている事態。

 

税制改正までして、事業承継やM&Aを支援してきた政府だが、

さらに人的な面でもバックアップしようと、

事業を譲り受ける人材候補が、後継者難に悩む中小企業に

『お試し期間』として入社した場合、人件費の一部を負担する施策。

 

事業を譲り受ける人材候補に、数か月間程度『お試し期間』として

働いてもらって、円滑に事業譲渡できる環境を整える狙いらしい。

 

それにしても・・・

中小企業経営者とともに、日々、悲喜こもごもの修羅場を経ながら

長年、一緒に生き抜いてきて、つくづく昨今思うこと。

 

『企業経営』というのは、少しでもリスクを低くして

事業スタートするという、ハードルの低さも、

もちろん、無視はできないが・・・

 

大事なことは、全身全霊を賭けて、

その事業に打ち込むことができるかどうか!

 

朝から晩まで、経営者として学び、知恵を出し続けて、

その事業に、すべてを賭けて、精魂を傾けることができるか!

 

あくまでも私見だが、

『経営者』という仕事・業務に精通する、

どんなビジネスでも成功に導きうるような、

勉強熱心で、経験のある、高い能力をもつ層はいるように思う。

 

無論、学歴などとはまったく関係ない。

松下幸之助翁ではないが・・・

時代は変われど、むしろ学歴的には苦労されている経営者に

実学に長けて、社会人としての勉強・経験に優れている方が多い。

 

天下の経済産業省が、

エリート的な発想で、

本当にそんな『候補者データ』を目利きできるのだろうか?

 

経営者に『お試し』など、ありうるはず。。。

『お試し』がないからこそ、一瞬たりとも気を緩めずに、

体を張って経営できんじゃないの。。。

 

『お試し』期間を経過して、大丈夫そうだったら後継者?

そんなことで、将来遭遇するかもしれない修羅場を、

本当に乗り越えていけるのだろうか??

 

もちろん、是非とも推進して欲しい施策だけに・・・

あえて、こんな懸念・疑問を投げかけてみた次第。

 

むしろ、既に実社会で、実学を学びながら、様々な修羅場をくぐり抜け、

まさに「情」と「理」を知り尽くし、歩み続けてきた経営者に

複数の中小企業経営を任せたほうが、有益なのかもしれない。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 林修先生っ! ... 新宿区民とし... »