山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日は、朝からフル稼働!

9時社内MTG、9時30分金融機関とのバンクMTG、

その後、10時、11時、12時30分・・・と、

大事なクライアント経営者に来社していただいて、個々に重要なMTG。

 

ホッと一息する間もなく、14時30分に広尾のエピキュール」へ。

知る人ぞ知る、藤春幸治シェフがオーナーを務める、

有栖川宮記念公園に隣接する、有名なグルテンフリー・レストラン。

 

藤春幸治氏が、エピキュールをアンテナショップの起点として、

広く展開しようとしているのは「ケアリングフード」

「ケアリングフードとは、和食・イタリアン・フレンチ・中華といったカテゴリーを超えた

健康・療養・アンチエイジング、さらには宗教など、健康と個食制限を最優先した究極のグルメメニュー。

美味しくて、体にも良い!

 

数日前、日経新聞夕刊1面でも「ビーガン(絶対菜食者)」の記事が取り上げられ、

東京五輪に向けて、来日外国人が急増する日本でも、様々な個食制限に

本格的に対応していく必要性が、大きく強調されていたくらい。。。大きな話題。

 

ビーガン、ハラール、ベジタリアンはもとより、

ダイエッターやアスリート、

ガンや心臓病、糖尿病等々を治療する人に至るまで、

カロリー、糖質、塩分など、様々な個食制限のある人にとって、

藤春シェフの「ケアリングフード」に出会えるかどうか、

まさに人生そのものを変えてしまう!とすら思える。

 

でも、「ケアリング」というと、直訳すると

どことなく治療というイメージに結びついてしまいがちなので、

もっともっと、カラダを大切にする、健康的な人すべてに広まるような、

「美味しく食べて+カラダの中からキレイに」

というネーミングも考えていきたい・・・こう、熱く語り続ける藤春シェフ。

 

言葉自体は、日本ではまだまだ馴染みが薄いが、まさに

「美味しく食べて+カラダの中からキレイに」

これが「ケアリングフード」の真髄!!

 

私自身、先日食事をして以来、

かなりファンになりつつある「エピキュール」・・・

http://epicure-low.com

是非とも知っておきたい、大切なレストラン。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« サプライズ・バ... 「お客様とい... »