山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



今日は「節分」。

 

毎年恒例、花園神社で行われる「節分祭」は、

今年は、若手社員(夫婦)に任せて・・・そろそろ代替わり。

 

2/1のブログでもふれたとおり、今日は夜中の12時まで起きていて、

1分1秒たりとも違わず、今年の恵方、東北東からやや東に向けて、

自宅の柱(壁)に、『一陽来復御守』の札を貼る・・・大事な使命が待っている!

 

くれぐれも、夕食時・・・飲み過ぎて、うたた寝などしないようにしなければ。

 

それにしても、昨日のニュース。

農水省が、「恵方巻」に関して注意を促している旨の報道には、少し驚いた。

 

日本において、節分に豆まきをする割合は、40.8%なのに対して、

恵方巻を食べる人の割合は、それを上回る、51.6%に達したという。

 

なぜかって??

節分の豆まきは、掃除が面倒など、後が大変だから・・・だという。

 

農水省が問題にしたのは、「恵方巻き」に関連する食品ロス。

報道によると、年間10億円超もの食品ロスが生じるという。

 

コンビニなどの小売業者は、当然、前年より多く売ろうと必死。。。

欠品への恐怖ゆえ、店頭に並べる数を少なくすることもできず。。。

 

季節商品ゆえ、節分を過ぎた途端に、「恵方巻き」の売上は急減。

売れ残った「恵方巻き」は、やむなく廃棄・・・食品ロス。

 

農水省の喚起などにもよるのだろうか、

昨年と同量生産。。。

予約販売の導入。。。

などによる、食品廃棄ロスへの対応も、見られるようになったという。

 

「恵方巻き」は、必ずしも伝統行事ではないにしても、

守るべき「日本の伝統行事」が、「日本の良さ」を破って、

資源を大切にする国・日本に、かえってロスを生んでしまう。。。

 

「古き良き日本の伝統」は、

「節約」「物を大事にする」「もったいない精神」など

やはり「古き良き日本人の気質」をも大事にしながら、

受け継いでいってこそ、意義がある。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 『卒寿』から... 松井秀喜選手... »