山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



浜田ブリトニー、“保活”の大変さを語る「入れないって噂、本当だったんですね」

西新宿でのクライアントとのMTGを終えて、向かった先が「オカオカハウス」・・・
 
旧知の浜田ブリトニーさんが経営するレストラン。
 
 
昨日の今日。。。という急な連絡にも関わらず、
 
マンゴーとメロンを用意してくれて、ブリトニーさんが待っていてくれた。
 
 
4月に長女を出産したばかりのブリトニーさん。
 
出産祝いを届けにいったのだが、あいにく台風の影響で、
 
長女は家に預けて来られたとのこと。。。
 
 
エッ、え~~、誰に???
 
「先生、聞いて~」
 
「仕事をやりくりして、この時間だけでも、なんとかアシスタントの女性に面倒をみてもらっていて~~~」
 
「本当に、ホントに、なかなか仕事復帰できなくて、大変なんです~~~」
 
 
よしっ、それなら・・・みんなで我らが浜田ブリトニーの ”保活” 大作戦!
 
大応援団になる前に、”保活” の大変さを語るブリトニーさんのブログを
 
アメーバニュースが追いかけた記事があるので、少しご紹介。。。”保活” どうか応援を!
 
 
 
 
【2018年6月19日 アメーバニュースより】

浜田ブリトニー、“保活”の大変さを語る「入れないって噂、本当だったんですね」

漫画家でタレントの浜田ブリトニーが、18日にアメブロを更新し、“保活”の大変さを語っている。

“保活”とは、子どもを保育園に入園させるために保育園を探したり、

見学したりすることで、いわゆる親の保育園入園準備のこと。

 

浜田は今年の4月にシングルマザーとして、第1子となる長女・雫ちゃんを出産し、育児と仕事の両立に励んでいる真っ最中。

しかし待機児童問題が社会問題として取り上げられる今、保育園に入りにくいようで、

5月2日のブログでは、「保育園の申し込みに行ったんですが なかなかは入れないって噂、本当だったんですね」(原文ママ)

「都内はかなりの競争率なのでみんな何箇所も申し込むと聞きました」と、現実の厳しさを実感した様子。

 

その後、6月1日のブログでは保育園の見学に行ったことを明かし、「都内の保育園は満員御礼!」と報告。

さらに6月4日には「妊娠がわかった時からやらないとダメだよ~って

散々言われて来たけど今から入れるなら確かにそうだった」(原文ママ)と、

“保活”の大変さを身をもって感じている様子。

18日に更新したブログでは、朝から保育園の見学に行ってきたことを報告しながら、

「雫は無事入園出来るカナ~?」と心配そうな胸中も吐露。

 

そんな浜田のブログのコメント欄には、

「保育園は今どこもなかなかは入れないですよね」

「私も2歳の娘を保育園待機待ちです」

「産後は本当にしんどいと思うので。応援してます。保育園決まるといいですね。」と、

同じ境遇の母親からのメッセージがたくさん寄せられている。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 四谷を愛する... 『日本vsエス... »