けぶる稜線

ひいらぎのとげが語る

地球が怒り狂い 咳き込んでいる

2019-05-21 09:09:47 | 日記


家々が根こそぎ巻き上げられ土台だけの航空写真。2007年5月4日の夜に米中西部カンザス州のグリーンスバーグを襲った竜巻だ。

深刻な旱魃被害や極端な乾燥が原因とされる宇宙人襲来のような竜巻。ただただ、呆然と立ち尽くすことしか出来ない山火事や猛烈なハリケーン、大洪水。

エビ漁業で有名なメキシコ湾にぶち撒かれた原油事故汚染。数年前までは、広大なアメリカ大陸の出来事の一部として新聞報道されていただけだった米国発の災害報道。今や、これらの眼を奪われる自然災害というよりは地球のはらわたや気管支のねじれに苦しみ咳き込みして喘ぎのたうっている姿だ。地球環境に詳しい研究者は異変に気付き警鐘を鳴らしていたが、一般にはピンとこない遠い出来事であった。

竜巻などは、アメリカ大陸に上陸したヨーロッパ人がネイティブのインディアンを追い出し、原生林や草原を単一栽培の畑に変えていったツケがきたのだろう。自然の怒りを生じさせる分岐点を越えてしまったのだ。

この島国の日本でも同様で、毎年の台風やその他の定期的自然災害を除けばたいした被害も受けていなかった。1950年代前後には台風の甚大な被害を受けたが、それらは自然災害というよりも人工災害という面も大きかった。ところが近年、毎年のように、過去に経験のないような自然の脅威に晒されている。

日本に竜巻などあるのかいなと思っていたが、NHKでも警戒情報を発信し、実際に被害も発生し、信じられないような集中豪雨も頻発している。長期的に見たらどういう状況になっているのかは専門家ではないのでわからないが、どうもおかしいのではないかという感じは誰でも持っているし、なんだか変だな~と感じているのではないだろうか。

南半球でも北半球でも前代未聞の大干ばつや旧約聖書の中のノアが触れ回ったような大洪水の連波が世界各地で発生している。自然の復讐、グシャグシャと地球粘土を大気を掻き回す運動、地球の大気を大地を元の正常な状態に揺り戻す胎動(捏ね直し)が始まっているのだ。あたかも陶芸で、粘土を十分に捏ね均一にしてから作陶するように、人類の存在の可否をも含めた人知では制御できない地球の修正期への扉を開けてしまい、大地・大気・その中に生育する生物を飲み込む地球の地球自身による練り直しが始まっている。



コメント   この記事についてブログを書く
« 牛の干し肉と人間のそれとは... | トップ | 一日の最後の壮大な光の乱費... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事