けぶる稜線

ひいらぎのとげが語る

世間の枯れ木どもが何と言おうと、オレは俺

2019-06-19 08:52:37 | 小説


流れ歩く この俺よ
明日のことなど考えぬ

ただただ 風まかせ
ただただ 足まかせ

こっちがあきれば あっちへ行き
あっちがあきれば こっちへゆく

流れ流れ歩く この俺よ
車窓の景色はいつのことやらん



コメント   この記事についてブログを書く
« 冷たい水彩画 | トップ | 失われていた時を拾い集めて »

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事