けぶる稜線

ひいらぎのとげが語る

腰・腿のレントゲン撮影と効果のない鎮痛剤のみ、ヤブか??

2017-10-22 14:01:15 | 日記

二千円も取られたのに激痛が治まらぬとは
触診も全く無しで「レントゲンを撮ってきてくれ」と言われただけ
四箇所ぐらいの方向から撮られた

骨盤と背骨の付け根の写真を見せ、椎間板の間隔が狭くなっている、と
後は、痛み止め薬の処方のみ

痛む箇所を見ないで全てレントゲンに任す、触診の方が確実で安いと思うが
余計なことをして料金を稼いでいるのかと勘ぐる(こんなことは初めてではない)

患部を見ない・触らないで治療判断する医師
患者の顔を診ないで検査結果画面だけを見て一方的に説明していた病院の医師もいた

聴診器と触診で左肺の炎症を当てレントゲンで証明した老医師もいた
一週間にもなるのに激痛が治まらない理由があるはずだ
コンピュータ画面だけで分るのか、電子部品の塊でなく生身の人間なんだけどな


コメント   この記事についてブログを書く
« 上野で出会ったネパールの空気 | トップ | わざわざお金をかけて景観を... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事