けぶる稜線

ひいらぎのとげが語る

サッカリンをまぶした駄菓子に狂喜する人々(議員選挙)

2019-06-06 13:01:04 | 日記

節分の豆まきのように降ってくる、鮮やかな色にくるまれたお菓子
我も我もと歓喜の喉を打ち鳴らし、手をたたき、両手を差し伸べ喝采している

恐る恐る遠巻きに見ていた連中も輪を狭めた
足早に急ぐネクタイ姿の男も歩をゆるめた

いざ出陣、兜の緒を締めて、殺人鬼の如くに声を張り上げる
砂糖菓子の山を横目でチラリチラリの連中も話術の仲間に入ってゆく

一攫千金の山が期待という霧の中で揺れている
当たれば大儲けの四年間が待っている

(2017-09-13)

コメント   この記事についてブログを書く
« 腕に飛び散る生温かい血糊の... | トップ | 喉の渇きに耐え切れず1米ド... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事