けぶる稜線

ひいらぎのとげが語る

そんなに無理して盛り上げなくてもいいのだが

2018-09-27 10:44:09 | 日記
特売りんごを棚から取ろうとした。その瞬間、目の前に女性の胸元が目に入った。乳房を両脇からグイッと押し出して真ん中に線が入る工夫をしている。乳房のある胸の両側は凹んで真ん中が出っぱっている非常に不自然な体型になっている。

彼女は流行の胸元を大きく開けたシャツを着ていた。それ自体はいいのだが、乳房を両側から締め付け、中央で盛り上がるように工夫しているが、なんと窮屈な格好をしているのだろう。彼女は何をして、そんな窮屈な、不自然な格好をして我慢しているのだろう。涙ぐましい努力だという人もいようが、それよりもアホじゃないかと言った方が適切な感じだ。そんなにまでして、乳房が大きい女である印を示そうとしている。というよりも、欧米の巨乳の人々の真似をしているだけだ。まるで風船玉のような巨大な乳房、牝牛の乳房に憧れているのだろう。

夏のパリに行って地下鉄に乗れば、混雑した車内で北ヨーロッパから来た観光客が大きな赤い風船玉のような乳房をTシャツの下からムニュッと突き出しているのを直ぐ目の前でみるだろう。それを見て、これはきれいだ、素晴らしい、と感じる人がいるだろうか。フランス人でさえ、こんな人たちを牝牛(乳牛)と吐き捨てる人もいる。

パリの夏期講座でデッサンしているとき、隣で描いていた高校生のような女子が昔風の胴着を着けていた。鎧のように胴をすっぽりと隙間なく包み、硬い胴着の上部で乳房をさらに上に押し上げている。だから、鎖骨の下あたりまで盛り上がった乳房がでてくる。映画などでよく見る姿だ。写真映りがよくなり、胸の膨らみが大きく形よく見える。でも、夏のことでもあり窮屈で不快だったのだろうか、次の日には風通しのいい楽な服装で来ていた。

日本では見られないこんな珍しい服装の彼女を見ていたが、着物で拘束される女性と同じく着ている本人にとっては動きやすくもないし、動作の制約も大きいだろう。やりたい人はやればいいが、濡れた粘土のような肌色を持つ日本人が黒色の髪を明るい色に染めてお化け顔にしているのと同じだ。自分の顔は鏡を使ってしか見られないので分らないが、こ汚い顔になって町を歩いている。濡れ粘土の肌色と黒髪に似合う色は藍色系だということを忘れてしまったのだろう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 玄関前の生垣に彫刻する人 | トップ | 殺ったのはオレじゃない、あ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事