江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

39歳 人にやさしい政治 
いのち輝く江南をつくります

江南市洪水ハザードマップができました

2013年04月10日 | Weblog

 先日、ブログのコメント欄に「江南市洪水ハザードマップを市ホームページへの掲載のみならず、全世帯配布が望ましいと考える」旨のご意見をいただきました。ありがとうございました。

 早速、そのご意見を、危機管理室と土木建築課に伝え、担当職員の方とお話をしてきました。その概要は以下の通りです。

○昨年度、土木建築課の予算で、コンサル(名古屋市)と設計委託契約を結び作成した。委託経費は2,782,500円。

○出来上がったものを1,000部印刷し(費用189,000円)、市ホームページにアップした。

○個人を特定できる情報を除いて、関連する情報をまとめて、全て公表している。

○ホームページからダウンロードするなど、活用していただきたい。

○内部事務はもちろん、自主防災会長会の会合などで配布する。

○ネット環境にない方に対しては、危機管理室での窓口相談で対応する。

 

 ハザードマップには、2011年(一昨年)8月の2回にわたるゲリラ豪雨の浸水箇所が掲載されています。また、木曽川が決壊した場合の浸水想定区域図もあります。国土交通省によるシミュレーション結果ですが、私も初めて目にしました。さらに、避難する際の心得なども書いてあり、意識啓発にも有用です。

 できる限り多くの市民のみなさんに知っていただくため、積極的に広報するように要望しました。

 とりあえず、みなさん、こちらをご覧ください。 ⇒ 「江南市洪水ハザードマップ」 (PDFファイルで開きます。)

 また、担当窓口は防災安全課・防災グループ(市役所2階)です。 代表電話:0587‐54‐1111

 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 4月8日(月)のつぶやき | トップ | 4月11日(木)の予定 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-04-11 18:24:19
お疲れ様です。
市の考え方はある程度理解できました。お金がかかるからホームページを活用して欲しいという説明と思いました。費用は1000部印刷して18.9万円ですので全世帯数3.8万冊に予備0.2万冊として4.0万冊で印刷費は90万円程度。
一方、市長交際費の予算と実績のギャップについて意見を述べてた方の意見を尊重すれば重みはどちらにあるか?と思います。
市は江南市のwebにアクセスする市民の人数(アクセス数でない)の把握しホームページを活用して欲しいと要望があるべきと思います。
市は約3百万円を費やした事業を有効に活用すべきと考えます。
Unknown (夜間)
2013-04-12 07:54:36
洪水ハザードマップの市の意見に対しコメントを寄せられた方がありました。
自主防災会長会で配布しても周知することはできないと考えます。災害は自分で守ることを周知する上で市の責務として市民に広報する、市民は自ら考え行動するという仕組み作りが必要です。その意味からハザードマップは全世帯に配布が必要です。
1.私は広報紙を活用した方法を考えました。
2012年度広報こうなん総ページ数488ページ、発行に要する費用1,265万円、1ページ当たり印刷費2.6万円。
 洪水ハザードマップの内水氾濫、外水氾濫の地図ページA3版とするとハザードマップ14ページ(広報から抜いて保管できる構成とする)で印刷色は広報並みで計算すると印刷費は2.6万円 × 14ページ= 37万円。

2.その上で市のホームページのトップページ(緊急災害情報)に洪水ハザードマップ掲載を案内する。(現在は更新情報に掲載されていた部分はバックナンバーでしか案内されていない)
Unknown (待つ女)
2013-04-12 16:25:54
 水害については、ご近所の方との話題にちらほらあがります。いつだったか、引っ越されてみえた方も来てすぐに水はけが悪いと思ったと仰ってましたし・・・。 水害関係、結構注目度高いんですよね。 ご予算も大変でしょうが・・・
Unknown (山としひろ)
2013-04-15 13:59:24
 ご意見ありがとうございました。
 
 いずれのご意見も、おっしゃる通りです。

 改めて、担当の危機管理室に伝えるとともに、踏み込んだ対応(全世帯配布など)を求めていきます。
ハザードマップ (大上敏子)
2018-10-05 11:52:14
お疲れ様です。町内の方からハザードマップが欲しいとの要望が有りここへ、たどり着きました。1000部の印刷物はどこへ行ったんでしょうか?市役所へ行ってもホームページへとの事ですが 高齢者はどうすればよろしいでしょうか?せめて窓口へ行った人へは配布するようには出来ませんでしょうか?
Unknown (山 としひろ)
2018-11-04 12:26:59
コメントありがとうございます。お返事が遅くなりすみません。

洪水ハザードマップの印刷物があるかどうか確認するとともに、配付を希望する人には手渡しできるように担当者に伝えます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事