立憲民主党 山としひろ「パワフル日記」

41歳 人にやさしい政治
立憲民主党富山県総支部連合会 副代表
来年の参院選・富山選挙区にチャレンジ 

生活困窮者へ一刻も早く現金給付を!~西町交差点で街頭演説~

2021年05月27日 | Weblog

 今朝7時から西町交差点アーケードにて、西尾まさえいさん(衆議院富山1区候補予定者)と街頭演説を行いました。雨が降り出しましたが、街頭演説を決行しました!

 昨日、政府・与党が生活困窮世帯への給付金支給を検討していることが報じられました。しかし、中身を見ると、対象世帯も予算額も甚だ不十分です。

 対象世帯は、無利子の貸付制度の上限までお金を借りて、それ以上貸りられない世帯とされています。これには、一人暮らしの学生は含まれません。仕送りがほとんどなく、アルバイト収入を頼りにしている学生も少なくありません。自分の力で稼ごうにもどうにもならない状況です。非正規雇用の方々も同様です。そもそも、収入が少ない方々に借金をさせることは酷です。

 立憲民主党は3月1日、「コロナ特別給付金法案」を議員立法で提出しています。住民税非課税の低所得者やコロナ渦で家計が急変した方々など約2,700万人を対象に、一人あたり10万円を支給するという内容です。

 今日、明日の暮らしに困窮する人々へ一刻も早い現金給付こそ、効果的な支援策です。

(参考) https://cdp-japan.jp/news/20210226_0832

 
 
 
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 政府が国民を信頼することの... | トップ | 五輪開催と人命を天秤にかけ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事