立憲民主党 山としひろ「パワフル日記」

41歳 人にやさしい政治
立憲民主党富山県総支部連合会 副代表
2022年夏の参議院議員選挙にチャレンジ

無責任極まりない自公政権に厳しい審判を!

2021年09月03日 | Weblog
 今朝、富山駅北口で、西尾まさえいさん(衆院富山1区候補予定者)と一緒に街頭演説。県立高校が事実上休校になっていること、またリモートワークが実施されているのか、通勤通学の人は以前よりも少ないと感じました。
 
 さて、正午のニュースで、菅首相が自民党総裁選に出馬せず、首相を辞任するとのニュースが飛び込んできました。
 
 菅首相は、これまで野党側の再三の要求(しかも憲法第53条に基づく要求)を無視し続けてきました。そして、自らの言葉で国民に語りかけることもありませんでした。対策も後手後手で、感染爆発の人災を招きました。その結果、首相に対する信頼は失墜し、ついに政権を投げ出すに至りました。「コロナ対策に専念するため、総裁選に出馬しない」との理由を信じることはできませんし、無責任極まりありません。
 
 コロナ対応の失策を招いた責任の所在は、菅首相のみならず、自公政権全体にあります。来る総選挙で、立憲民主党は自公政権に代わる選択肢になるよう、ZEROコロナ戦略などの具体的政策を提示していきます。
 
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 原則と例外の180度転換を国会... | トップ | 一緒に「変えよう!」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事