立憲民主党 山としひろ「パワフル日記」

41歳 人にやさしい政治
立憲民主党富山県総支部連合会 副代表
来年の参院選・富山選挙区にチャレンジ 

党首討論は毎週やるべきだ!

2021年06月07日 | Weblog
 週明けの早朝の街頭演説は掛尾町交差点からスタート。西尾まさえいさん(衆議院富山1区候補予定者)と一緒に、立憲民主党のzeroコロナ戦略の実現を訴えました。
 
 9日に党首討論が行われます。事前通告なしで、菅首相と枝野代表の直接対決。新型コロナウイルス感染症対策、東京五輪・パラリンピックの開催の是非を厳しく問いただすことになります。
 
 ところで、党首討論の開催は2年ぶり。菅首相になってから初めてです。党首討論のお手本にしたのはイギリスのクエスチョンタイム。イギリスでは毎週、定期的に開催されています。頻繁に開催することで、与党側はいい加減な逃げ腰の答弁ができなくなります。他方、野党側もきちんとした対案を準備することになります。そして何より、政治リーダーが活発な議論を重ねることによって、国民の政治への関心が高まることでしょう。日本でもイギリスを見習い、議会制民主主義を発展させるために毎週、党首討論を開催すべきです。
 
 
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 何のための、誰のための五輪... | トップ | 科学的知見に基づいた政治判断を »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事