YALIN note

MAS/AN 増岡設計室 @入間市
住宅設計やリフォーム・家具のことまで、
気楽にご相談下さい。

学童保育室問題

2012-02-14 | 子育て

今日は役所に行ってきました。
姫の学童保育室を申請しに行ったのですが、
完全に出遅れています。

先週の小学校入学説明会で
学童保育はどこで申請するかと疑問をもったまま、
説明会を聞いたのだけれど、
まったく話が出なかったので、学校の先生に聞いたら、
市役所に聞いて下さいと言われ、
慌てて調べたら、なんと第1次締め切りは去年の11月だったのです。

幼稚園からも、去年の小学校の健康診断の時も
なんのインフォメーションもなかったので
うっかりしてしまいました。
市報でしか掲示されないのだそうです。
市報はチェックしていたつもりだったけれど、
見逃してしまいました。
姫の入る小学校の学童は、既に定員オーバー。
しかも、自営業はかなり厳しいと言われて、
ショックを受けています。
自営業とは言え、現場に行かないといけなし、
大量の図面を描かないといけないし、
クライアントさんや業者さんとの打合せもあるし、

子供が学校から帰ってくると、必然的に相手しないといけません。
そうすると、仕事が進まなくなる~。

子供が寝てから仕事をするか、
朝から起きて仕事をするか、
学童保育室に入れるまで、何か対策を考えなくちゃ~!
入れるかどうかもあやしいですが。
ぜひ市役所には枠を増やして欲しいです。


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 静岡の家04 Skypeでの打合せ | トップ | 日大生産工学部居住空間デザ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アドバイス (pansy)
2012-02-14 21:23:59
いよいよ小学生ですか。おめでとうございます!!

近くの学童は、既に多くの方が希望されていらしゃるのですね~。

市役所近くにある「イルミン」という所で、ファミリーサポートセンターというのがあります。
お仕事で忙しい方のために、お子様を自宅で預かってもらえるシステムがあります。1時間700円~800円程度だと思います。私も、そこで講習を受けて預かれるんですよ!!お茶時期は遠慮していただくようなのですが・・・。
一応、入間市にはそんなシステムもありますよ~というご案内でした。私の説明・・ちょっと、わかりずらいですね。ファミリーサポートセンターで検索してみて下さいね!!
→pansyさん (YALIN note)
2012-02-15 05:41:08
お知らせ頂きまして、どうもありがとうございます。
もちろん、イルミンのファミリーサポートがあるのは、前から知っているけれど、
ほぼ毎日のことですから、
できれば、学童保育室に入れたいですが、
これからの1年は無理でしょうね。
せめて、この1年間は夏休みや冬休みなどだけでも
学童に入れてくれるとありがたいんですが・・・。
来年度のを早く申請したいと考えています。
学童問題 (tproject-atelier)
2012-02-16 12:00:20
我が家は保育園だったからか、昨年秋頃から保育園を通してプリント配布があったりと学童に関するインフォメーションが頻繁にありました。
只、やはり自営業ということでずっと内勤だと学童は難しく週3日以上外に出ている(打合せや現場など)かどうかの1週間の勤務表やどんな仕事をしているかの資料の提出を求められ、どうにかオーケーが貰えそうな状態です。

学校のある日は「放課後こども広場」と称して夕方6時頃まで学校で遊べるので良いのですがやはり長い休みのことを考えると学童は必要不可欠でした...。

しばらくは大変だと思いますががんばって下さいね。
→tproject-atelierさん (YALIN note)
2012-02-16 13:04:45
コメント、ありがとうございます。
入間市福祉課に曰く、
保育園や幼稚園にインフォメーションを出していなくて、市報だけとのこと。
本当かな?

日本の子育て環境はかなり遅れていること。
台湾ではありえないですょ。
夫婦共働きが当たり前ですから・・・。
もっと子育て環境をしていかないと、
ますます少子化になるかと思います。
御存じでしたね!! (pansy)
2012-02-16 22:02:15
ファミサポの件は、御存じでしたね。
失礼いたしました。

我が家も、お茶製造時は2歳違いの姉弟を学校から帰宅後にうろちょろしているのが、危なっかしくて、神経を使いました。週2日は、書道を習わせていたので数時間はホッとできる時間もありましたが・・・。
やはり、私も子供が寝てから仕事していましたね~。睡眠時間も少なく・・・。
ようやく、子供が大きくなったので
ぐっすり寝られるようになりました。

どうしても・・という時には、ファミサポを利用してみてくださいね。お母さんの身体が資本ですから・・・。

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事