自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

田舎の88カ所

2018-04-18 18:51:54 | Weblog
10日間のご無沙汰でした。
今、ご遍路さんは四国で多くの方が歩かれていると思います。
一方、当地神辺でも真言宗のお寺さんはミニの88カ所を持たれている。
我が家の近くでも唐尾山88カ所の霊場がある。(唐尾山国分寺)
天保の大飢饉をきっかけに当時の人が願いを込めて建立したようですが
今はさびれて月に何人の世界か?
人が来ないと順礼道は荒れて人さえ通れなくなっている。
それをこの15日、十数人が整備した。

時は春、八重桜が満開、蝶か蛾の幼虫が葉っぱを食べている。






いつもの例であるが道付近が荒れるとごみはひとりでに集まる。



人の嫌うごみ処理も経験豊富な人がおり、黙って自分のに車に積む。

1周が約1時間超のミニ山道は2時間も作業をすれば目途が立つ。






接待堂や休憩用のお堂もある


この88カ所は歴史解説すると飽きない場所。
古墳が7基?




精霊の古塚と名のあるパワースポットと古墳


おかげがあるかと聞かれたら
この場は後醍醐天皇が蜂起されたときの
賛同蜂起の目崎忠勝の茶臼山城址





何時の時代のものか不明だが昭和になって壊された登り窯の跡



どこにも歴史は存在するがこの地の栄枯盛衰は頭の中の1ページに
入れておいて自慢しても良い場所である。
アーそれなのに人の参集は少ない。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

蛍が上陸する頃

2018-04-08 21:31:20 | Weblog
6日、久しぶりの雨、予想した様に雨が降る夜にホタルの幼虫は
上陸を開始し、春の美の一端を証明してくれる。

堂々川の春
御野小と御野環境協議会、堂々川ホタル同好会が共催の環境保全活動


堂々川の5番砂留川原の道路脇に2年生のポスターを掲示


自然を守ろうと子供が訴える。いまだに守れない人がいるのは困ったことだ。

堂々川の河川敷土手に咲く枝垂桜




日本原産の緑の桜(咲はじめはピンク)御衣黄桜
花言葉は心の平安や優美などがあるそうだがきれいである。
堂々川には来年植える予定で苗を育てている。
来年植えるとなると桜のオーナーを募集することになる。



横道から戻ってみれば
5番砂留、東の山裾に2016年「砂留シンポジウム」開催記念に植えたツツジ


30本植えた
どうも2本枯れたようだが山の自然が補充をしてくれた


前置きが長かったがホタルの上陸シーン



堂々川から東南に2km、広島県天然念物に指定されている竹田ボタル
昭和33年の事、その後環境破壊が起きて約2cmのホタルは壊滅状態
それを竹尋小校長先生、地元の青年団、地域の誰か、そして私の友人
またまたそれをつないで現在は高橋さんが頑張っている。
ホタルを飛ばす希望は多くの地にあるがどこを見ても馬の付く人が
いないとうまくいかないらしい。


餌のカワニナ



登ろうか止めようか水中で悩む幼虫


思い切って光りながら丘へ上がった





その夜21時ごろ堂々川でも上陸が見られた。





蛍が光るのは竹田で5月下旬がピーク
堂々川では6月5~10日頃がピークと予想している。

蛍は強い虫であるがごみを捨てる、川の改修などあれば
悲しい運命を経験する。
何とか黄色い光の哀愁をいつまでも見られるように皆で自然を守ろう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

蛍と砂留と

2018-04-05 10:33:11 | Weblog
桜が散りはじめた4日には、パラパラながらの雨


堂々川ホタル指標木のソメイヨシノ


天気予報を見れば明日(6日)は雨
明日の夜、堂々川の下流域ではゲンジボタルの幼虫が川から上陸予想
ここ13年の経験から1度も外れていない事実

ここで少し脱線
昨日25度の気温が今日は朝が高くどんどん下がっていく
15度を切ったのでストーブを点けた

本題に戻り砂留の調査のレポートから
中条の日本最古の可能性のある砂留探しの起点では
ミサゴが抱卵、そばの木にミサゴがカラス対策で1羽がいた



ミサゴとカラスがにらめっこ
右木の上枝に見える黒いのが烏


日本最古の噂を信じて今回で4回目
地域で聞いてもその場所は知らないと
100mほど離れただけでも地域の小字を知らない人がほとんど


名前はわからない


古そうな石垣


80歳代の人が言うには「古砂留」


近くには


平成の看板の付く砂防堰堤


整備をしながら上流へ進む
その先には崩落し始めている砂留





このような砂留を尋ねて砂留研究会の会長と副会長は探し歩いている。




蛇や蜂の活動が活発でない今の時期
笹竹を切り開き或る時は獣道を這いながら渓谷を頂上目指して進む。

誰も知らなくなった砂留
それでも砂留は下流の地域の安心・安全を守っていると思う。
笑う人も多いが、
多くの人に興味を持ってもらえるよう頑張りたい
蛍が暗闇を照らしてくれるように!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

辛口の狸

2018-04-01 22:05:26 | Weblog
連日の良いお天気に近隣の桜は散り始め〇。
堂々川の桜


ようやく満開の最上流部の四季の森の桜
水鏡が綺麗


少し下ると堂々公園
青大将が出てくるからわらび採りは注意


この両岸はもうわらびが芽を〇”している



登録有形文化財の砂留を下流に下ると
枝〇”れ桜が道路脇を彩る


3番砂留川原道沿い

2番砂留川原道沿い


苦節10年ようやくみられる程度の花を付け〇”し〇、し〇”れ桜が数本
1番砂留脇のソメイヨシノ
1週間は早い開花




所用で留守をして、いない間の草刈り


ゴミが湧き出てい〇


このゴミは何!
酒の空紙箱と女性が胸につけるという下着らしいものが2つ
弁当の空き容器




4月1日エイプリルフールでの発見ではないと思う
福山城の石積みと堂々川の砂留石積みよく似ている
江戸時代1700年代の人が作っ〇もの


桜が咲き大勢の人が入場
海外の人の多いこと


夕が〇堂々川に帰って、ごみを拾ろっていて思い出し〇
在所のお役所に不要な空地を道路脇に作る場合必ず施錠柵を作って欲しいと
陳情してい〇がいまだに難しいとの返事が返って以来、〇い策なし
自分〇ちが拾うことをしないから放置できるの〇”

不法投棄が当たり前のこの川を観光地に変え〇のに
苦節15年
我々のしていることはなん〇”ろう!


何処かの道は人がほとんど通らないのに舗装されている
又山中の墓地に行くために舗装され〇道路もある

桜が綺麗に咲き、〇くさんの人が来られる場所になっ〇のに!


〇ぬきが道路に寝てい〇


通りすがりに写真を撮っ〇

今日はやけのやんパチ、〇(タ)ヌキの文章〇”
何時までも私〇ちがゴミを拾うわけではない
止めたら税金でごみを拾うか?
それともその頃、柵を作るか?
綺麗に咲い〇桜を見ながら、春のう〇〇ねの寝言の一言〇”
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

春と砂留と

2018-03-28 20:19:43 | Weblog
3月も終わりが近くなった。いわゆる3月が去る。

砂留調査にかこつけて春を見た。


蕨が芽を出した
チラシ寿司が美味しい季節が到来


春蘭


10年一昔
薬草研究会講師をしているころから好きだった


巣が壊れ、あきらめていたミサゴが帰ってきていた


昼間の月とミサゴ

既に卵を温めているようだ

隣の枯れ枝ではカラス防御の見守りをしながら
食事をしている。この巣には4羽がいると近くの人が言う


砂留調査で山に入ると近くで鶯が鳴く


枝かぶりだろうが姿がわかればそれでよい


山の中の池、
この池の下流は絶好のカスミサンショウウオの生息地




山の中の砂留を研究会の副会長と探す
石積みが見えれば草を刈りながら近づいていく




別の場所では砂留か判断しながら記録に残す



大きな石積みが仁王立ち




堂々川にはない砂留がここにはあった



神辺町の砂留を探し、写真を撮り、記録に残そうと頑張っている
ちなみに福山市には今売り出し中の別所砂留をはじめとして
沢山の砂防堰堤があるが誰も喜んでくれない人気のない
当地の砂留を約80頁の冊子にする予定で作業している
去る者を追うつもりはないが時間がたつのは早い

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒレンジャク

2018-03-23 12:11:01 | Weblog
21日彼岸の中日、1日中雨、春の雨にしては降雨流が多い。44mmと!
15時ごろ、東京の友達から〇□の砂留を見たいと電話
この時間帯10分間雨量2mmと多かった。近いから案内した。
雨が小止みになったころ分かれて、堂々川へ急いだ。


明治時代築造の迫山砂留

日本トップレベルの堂々川大砂留


堂々川の砂留が作った大雨時の湿地帯


3番砂留川原


そして翌日、広島市の北部、
同じ花崗岩質で災害に被災した地区から見学者が来訪


1時間ほど説明をした


その時間帯ヒレンジャクらしい鳥が木に止まっていた




失礼な話だが早く終わってほしいと思っていたが!
来訪者の事務局も同じで前の工程で遅れた時間の取戻しを考えていた
お互いの意見はあっても質問者はどんどん聞いてくる
断っておくが回答を中途半端にはしていない。
バスが入口に止まり乗る人がいるのに、よくあることだがトイレに行く人が出る。
結局、時間オーバーしたが終わりとなった。
再度、鳥の確認に公園に


約29羽がクロガネモチの実を食べる


忙しい鳥だが食事中は隙がある。10mぐらいの距離ならモデルはOK





1月、2月の来訪が普通だが今年は遅い。
22日広島は桜が5日早く咲いたというのに!
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

続春が

2018-03-20 14:22:48 | Weblog
菜種梅雨と呼ばれる春の雨、昨日が27mm、今日も雨模様のお天気
5日ほど前、紹介の桜もほぼ満開





雨が降ればシイタケはどんどん大きくなる



オタマジャクシも卵ジェリーから離れて1本だちを始めた



話しは変わって、広島県でも最大の平野と言われる神辺平野
神辺には今までトンネルがなかった
人口47,000人、国道が3つも通る歴史の町
もうすぐ開通する


広島県と岡山県の境界が近い


そのトンネルの西数100mの高屋川の土手
江戸時代干ばつの時、雨ごいをした場所がある


地神様と常夜灯
この常夜灯の火袋の下にある支え台


この石が鳴る岩またの名を「カンカン石」という。
固いものでたたくときれいな金属音が出る。


上御領という名の地域の山中にある鳴る岩


この地には鳴る岩古墳が3基ある。
昔の人のお墓故叩けと推奨はできないが、
昔古墳だったものを壊して駐車場の土止めにしてある石。
叩いてみたらド.レ.ミ.ファ.ソ.ラまでは確認できた

神辺の小学校区、御野地区には私が確認しただけで15個のこの石がある。
すべて花崗岩で、石の中に穴はなさそう。
四国讃岐の石の音よりは劣るか!

今にも降り出しそうな空から3つ5つと雨粒が落ちてきた。
暑さ寒さも彼岸まで、春はそこまでやって来た。
春の花を見てもらう。


香り立つ白の沈丁花

馬鹿にして話題に挙げるボケの赤色


赤、白と並ぶと普通は黄色




小さなピンクも存在を示す


メジロとヒヨドリがひっきりなしにやってくる藪椿、今はいない


伊予ミズキ


土佐は先日ソメイヨシノが咲いたとPRされた。
伊予は誰も存在を認めない。
昔の歌にーいよはまだ18だからーの歌詞が
そうです人の18歳ごろが一番きれいと言われる。
この花も今が1番綺麗だと思う。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

春散歩

2018-03-15 21:10:34 | Weblog
見鱈村の飛行機を見ながら21℃、19℃の14日、15日堂々川を散歩した。



高知で今年最初の桜が咲いたと電波ニュースは飛んだ
我が家も桜が咲きだしたがソメイヨシノではなく


大島さくら

河津桜

寒緋桜


梅には鶯だけれど桜には何だろう?
わからないから桜に蝶と洒落てみた


遠いけれど今年初見のモンシロチョウ


のどまで出てひっこんだ
翌日お名前を思い出しルリタテハ(越冬蝶?)
すでに教えてくださる方がいた


とにかく早く飛ぶ、しかし元の場に帰る確率の高い蝶


川の土手では花穂を持ち上げた春蘭


ホームセンターで1鉢千円で売るから野生種は
少なくなるばかり。つまり盗掘される


奇妙な鳴き声に松を見ると久しぶりの鳥ヤマガラ


松の実を上手に食べるヤマガラ



空は青い、気温は4月終わり頃で上着はいらない
こんな春のウラウラが推薦してくれた水仙の花





黄色く咲いて人を引き付ける

川の中では卵のジェリーを振り切って
オタマジャクシが泳ぎ始めた


ニホンアカガエルのオタマジャクシ


みたらそんの飛行機を見ながら歩いた川辺で春を感じた

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

環境と山椒魚

2018-03-08 21:42:49 | Weblog
堂々川ホタル同好会の副会長とカスミサンショウウオ等
絶滅危惧種の生き物を探しに堂々川周辺の山に入った。
2月末に続いて今回は2匹同じ場所で捕まえ写真を撮った。


雌は木の葉に隠れどさくさに紛れてバイバイされた


住んでいたのはこんな場所だった。


猪の蒐場(ぬたば)がある湿地

もしかしたら昭和20年頃以前は田圃



ニホンアカガエルの卵



この生き物たちは今のままの環境保護なら近いうちに絶滅する。


不法投棄のゴミ
ここ1か月、山を歩くと2カ所見つけた


前にも言ったようにゲンジボタルが住む最適環境は
人間が住む最適環境と一致する。

災害防止のため昭和50年代から花崗岩地質を中心に
砂防堰堤がたくさん作られている


堰堤に溜まった水はカナケ水
この水を鉄バクテリアが分解してきれいな水にするが
その際赤い沈殿物をたくさん残す


山では環境を壊す開発が行われている


真砂土を採取している


関連官庁がOKしているものを小さな会が反対はできない。
デモ行進さえ不可、やりたいぐらいだが今は金と力がない。
あるのは選挙で議員を選ぶ時ぐらい





悪いやつはこうなれと願うだけだが



夕暮れの空でミサゴがお日様の光を浴びてきれいに飛んでも



ほとんどの人はすぐ近くで環境が壊され、しかも自分たちが平気で
不法投棄をしていても自分は悪いと思っていないことだ。
カスミサンショウウオが絶滅危惧Ⅱ類に指定されても自分たちが生きていく
うえでは関係ないと思っている。

悲しい時代だと思うのは一握りの人だけというのも寂しい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

そだね

2018-03-05 11:34:19 | Weblog
ミソラソ ミソドド ララソ 「春の小川」の音階のはじめ
今回の久しぶり更新の枕言葉である。
今朝は雨だから外へ遊びに行かれないが昨日の気温は20℃
日向では汗が出て、川にはカスミサンショウウオやニホンアカガエルの卵
水はさらさら流されるが彼らは住む場所に留まる術を知っている。


絶滅危惧種Ⅱ類の両生類、この個体は雄である



ニホンアカガエルの卵も黒い目がはっきり見えてきた
もうすぐオタマジャクシ


3月3日、4日 春があちらでもこちらでも見ることができた。


ツバキほぼ満開

ボケもぼけずに春を見せる



国分寺の敷地では鳥の巣がある。種類は?


このお寺さんには江戸時代再建された時の仁王門がある。
2年弱前汚れや破損が目立つため修理されることになり留守をされていたが
3月25日一般公開される計画があり、帰られたようである。


遠目で見たが体の色が変わり、目はぎらリ、もしかしたら文化財に認定か?


一方国分寺より東に50mの下御領八幡神社ではひな祭りが
桃の神様、推定90年前の建立の石碑の前で初めてのお祭りが執り行われた。
作者が会議で留守のため写真が撮れていないが150人以上の人の
お参りがあったそうだ。
地域の村の氏神様のお祭りとしては立派な式典の初披露である。


他所のひな祭りからお内裏様を借用


同時にこの神社に新しいカンカン石が設置された。


総代の人たちが、ある人の寄贈品を神社前に置く



宮司さんも企画された
お参り方法が看板に書かれていた


カンカン石について
この石は花崗岩で中に空洞などない。
でも固いものでたたくと金属音を発する。
四国のサヌカイト石みたいに楽器にならないか?
御野小学校区では上御領地域に5個
下御領地域に5個発見されている。
下御領八幡神社にお参りして、春の石の音を聞いてほしい。
普通の花崗岩とカンカン石を並べて置き、音の比較ができる。
4日の夕暮れ、カーリング娘並みのかわいい子が
それを聞いて、「そだね」と言ったが撮影はNGされた。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加