自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

堂々川の春

2019-03-20 21:29:53 | Weblog
もう春の彼岸。
先日、録音したRCCラジオも放送され好評だったようだ。
こっそり裏話をすると我々が書いた「神辺の砂留」冊子をプレゼントにしたからだ。
さて、サクラ便りも多くなってきた。


昭和の時代 水車が回っていた石崖跡

雨があがり サクラの小枝に水滴
咲くのはもう少し時間がかかりそう


我が堂々川も最近は雨がよく降り多少水が流れ出した。


修理が完了した4番砂留
以前とは水の落ちる場所が変わっている





堂々川の自然を守る為の啓蒙看板、ミスを指摘して投書された。
事務局が両生類と書くべきところを両性類と書いた事と経年変化といたずらで
濁点抜け、ババ抜きになっていた文字も正しく直し、改めて設置した。

設置した上空をミサゴが舞う。


近くに巣がありそうと探す。
数年前の500m程の所にあった

ミサゴの巣


2月27日に堂々公園に掛けた巣箱に小鳥がやって来た。


ヤマガラ

アオジ
この鳥は冬季以外は北の鳥で巣箱は関係ない


遠いところに巣箱が掛かった木がある。一昨年出来た游歩道の近く




私が撮影したものではない。
今日20日、卒業式に参加していたとき、電話を懸けてきた人のものを借りた。


確かにヤマガラがいる


出ているのか、入っているのかは不明。
もう1カ所には


シジュウガラが入るかどうしょうか悩んでいたそうだ


春爛漫の堂々公園にまた一つ見どころが出来たが
小鳥は臆病で人が近づけば巣の放棄もあるそうだから
見学も遠くからそっと見て欲しい。

ポイ捨てのごみは拾えば済むが、小鳥がいなくなったら
名前付き巣箱の主に誰がお断りを入れるのか?。
先日桜を切ったとお叱りを受けたばかりだから
私にもさわやかな春を味合わせて欲しい。
コメント (5)

かすみ

2019-03-16 21:57:34 | Weblog
アケビが芽をフキ



小鳥がさえずる。多分ヒワだろう、奇麗な色



突然とんでもない鳴き声と木をつつく音が聞こえる


数羽がいるようだ
ここにも1羽 コゲラの姿が見えますか


スギ花粉の影響という太陽のカスミ




今年はまだ涙目になっていないがいつまでこの目が我慢するか!
春なんだ。
私たちは小鳥の鳴き声の変化に負けず、堂々川の整備を続ける。


砂留の草刈り、木の根の伐採


大きな砂留周辺の美化と豪雨はあっても木の根が砂留に中に無ければ
石積が壊されることはない。との理屈から整備をしている。
多分、今から草の緑が眩しくなるまでが写真撮り最高の時期と思う。




私たちがここまで頑張っているのに相変わらずごみ類が多い。


児童の力を借りて啓蒙しても





最近春なのだろう、男と女の遊びの後始末迄させられる。
まして、下着とはいかに!。


カスミサンショウウオの卵かニホンアカガエルの卵か
もうカエルのオタマが泳ぐ

水たまりを探すと

いたいた、カスミサンショウウオ
注:カスミサンショウウオ(絶滅危惧種Ⅱ類の両生類)


春はカスミを見ることが多い。
コメント (5)

我慢が徳

2019-03-10 18:25:51 | Weblog
今日 3月10日は雨だった。
東風が吹いて、例年より早い春が駆けている。
フキノトウも


フキみそにすると美味しい


シイタケは昨日38本ほだぎを作った。
9.2mmの穴を開け種菌を打ち込む。


榾木の細い物は来年の秋こんな姿が見られるか


サクラ情報は何回も流したが私の家では緋寒桜が満開



河津桜は咲きたい、咲きたいという割にはまだ6分咲き。



4月春本番になれば、県会議員選挙、その決起集会へ参加した。
先生 カメラを忘れたので演説姿の撮影はできませんでした。

と言いながら会場を出て近くの田圃を見たら鳥が2羽
この鳥の撮影は初めて、車の中を探すとカメラが出てきた。
応援は一生懸命しています。


一声鳴いて交尾が終わった。残念撮れず

こんな鳥でした。「ケリ」と言います
 ご指導をいただきました。


数日前の出来事
堂々川の下流の人たちの安全を守った砂留
昨年の7月豪雨に耐えたが壊れかけた砂留を県は修理した。


二番砂留 基礎部が流されかけていたが綺麗に修正

四番砂留 目の前で修理された


どちらの砂留も地域を守った。
もしもを付けたら何でも危険、最下流の高屋川接合地点は床上、床下浸水していた。
こんな砂留の保全をしている堂々川ホタル同好会へ入会して
ボランティア活動をする人を募集しています。早く修理されてよかった。

一方、私たちにきついお叱り


上流域の池に掲げた啓もう看板


文字が違うと監督部署へメールを送った人がいる。
両生類 の「生」が「性」になっている。
「ラ」が「フ」、ブラックバスの「バ」が「ハ」と暇人がいるものだ。
ミスった人は反省した。看板を取り外し捨てかけたがこれ捨てるのに
お金がかかる。ということで修理することにした。
ちなみにフとハは年月経過で落ちたものである。ババ抜きしたのではない。


夕日が沈む




上は黒い雲、下は暗くなった山の黒
上、下を黒で覆われているが
ボランティアはもう少し我慢して地域の安全を守ることにした。
これを徳という。
コメント (9)

クロッカス

2019-03-04 20:22:41 | Weblog
黄色いクロッカスが咲いていた。


秋に咲くサフランの仲間


いつもの年より春は早く来ている。
ガバメントクラウドファンデングの返礼品になる小鳥の巣箱を掛けないと!

シジュウガラがつがいでやって来て住みよい場所を探している。
延ばすことはできない。


糸の切れたタコを放置している
これも取り除く


堂々公園に架けることは市役所に届けて了解を貰っている。





約2時間かけて16個をかけて、小鳥の来るのを待つ。

さて、1月に新聞社の表彰式でお会いした方との約束を果たしに岡山へやって来た。


岡山は桃太郎の童話で有名


広島県芦田川のホタルが岡山県の旭川のホタルが旭川の放水路?中原川
に飛ばしたい夢をお手伝いするために訪問した。





勉強会の前に飛ばせたい川の案内をして貰う。




外来種のカナダも泥まみれ


ウーン、ホタルを飛ばすまでには時間がかかりそうな場所もあるが!



パワーポイントを使ったプレゼンテーション

はじめは居眠りがついていた人も
平家ボタルは1匹の雌が卵を100個、源氏ボタルは800個産むと
具体的な話になると目はパッチリ

川の周辺が全面コンクリート、しかも国土交通省管理の川を見ると
この場にはかなりてこずりそう。
幼虫が隠れる石を置かしてもらえるか?

養殖のやり方、幼虫1匹〇〇円、安く買う方法は・・
もう1、2度訪ねる必要もありそうだ。

ちなみにクロッカスの花言葉「私を信じて」
旭川荘の周辺で大量のホタルが飛ぶのもそう先ではなさそうだ。




                           、
コメント (9)

春の陽気

2019-02-26 14:38:11 | Weblog
太陽柱がよくあらわれる季節。



「古墳の丘」と神辺町観光協会よりお墨付きをもらった看板が掛けられた。


堂々川4番川原の中ほどを東へ1.4㎞


約16℃の春めいた日に堂々川ホタル同好会は2月の定例会を開く。
作業11人参加で不法投棄、ポイ捨て防止予防の草刈りと
綺麗な場所にはごみを捨てない法則から実施のゴミ拾い。



その結果は会発足時頃の1回のごみ拾い量と同じで多い。
いつもの作業より200m程余分に拾った。
何時までも人の好い堂々川ホタル同好会は続かない。
もうすぐ、会長は引退、この場の清掃を福山市はどう対策するのだろうか。


今月は別人が3日に1回はゴミを拾っている


草が伸びればごみを捨てる。
捨てたところが見えないと捨てられるのだろう?






何時までもあると思うな〇と✖・・・
「ノゾミ」! は
1回でよい、ごみを捨てた人が逮捕されて大きく報道されたら間違いなく減るのだが???

話しは変わって、今回は福山大学の先生とカスミサンショウウオを探した。
残念なのは昨年の7月豪雨で水の流れが変わったり、
水たまりが埋まってしまい、産卵場所がない。残念な結果であった。

しかし、春の小川はさらさら流れ
水中昆虫はたくさん見つかった。


昆虫ではないが両性類のニホンアカガエルの卵


トンボの幼虫 ヤゴ




里の川では珍しいヘビトンボの幼虫



カラスがやけに騒ぐのでその場に行くと


誰かがブラックバスを釣り上げて放置



堂々公園ではキセキレイがしばらく遊んでくれた


今回、怒ってみたり、楽しんだり、癒されたりの定例会であった。

コメント (7)

花粉

2019-02-21 17:59:55 | Weblog
今年も困る人が多く出る季節がやって来た。


見るだけで涙が止まらない
風が吹いたら花粉が飛ぶ


昨年より早い気がするが少し自然を追いかけてみる。


福寿草

よく似ているがこれはタンポポ


初春を超えた陽気に黄色の蝶が舞う


今日はモンシロみたいなものも見た証拠なし


無理もない。桜が咲き始めた。


寒緋桜(緋寒桜)

河津桜


私たちのフィールドではウグイスの初鳴きを聞いた。


ジョウビタキ

ホオジロ


ルリビタキを見たいから、堂々川の川原の草刈りを依頼した。


斜面の草刈りは大変な重作業
普通ならお手伝いをするのだが2日前にぎっくり腰


27日にはこの対岸に小鳥の巣箱を掛ける…




今は我が庭で遊んでいるメジロもこの巣箱を利用するため山へ帰るか。



帰るか、このままここで遊ぶか。帰る?。遊ぶか?
どっちにするのかな?

明日は雨の予報。
雨が上がると再度猛烈な花粉が飛んでくる。
春は良い良い、花粉が怖い。
コメント (5)

中国地方の子守歌

2019-02-15 21:25:38 | Weblog
クロガネモチの赤い実を食べる鳥がいた。


ツグミなのかヒヨなのか


カンアヤメが咲いている2月中旬。



2月11日の朝、今冬初めての積雪。
ここ数年雪が降れば堂々川へ行く。


堂々川から御領平野を見る


砂留の雪の記録


5番砂留川原

4番川原

3番道沿い


登録有形文化財の砂留の上流1m、
60年以上前から見えていたのに誰も気が付いていない。
こんなところに石崖がある程度にしか見ていない。
それを昨年の12月の定例会に高校生が見つけた。


名前はまだない


翌日、用事を思い出し、軽トラにガソリンが無いこともあり
お隣の県に僅かだけ侵入した。
よく通る近世山陽道(江戸時代参勤交代で大名が通った道)高屋宿


高屋宿街並み跡


うだつが上がっている古い家も見られる


延焼防止の為2階の隣の家の境界に作ってある




この昔の宿に「上野」という家があり、そこの道脇に「ネンネシャッシャリ・・」と歌われた
「中国地方の子守歌」発祥の地の案内板がある。
1年に5回以上通っていたが気が付いていない。井原線の高屋駅には案内がしてある。

もう少し岡山県に入り込むと


備中大橋跡
何でこんなところに橋の跡があるの?


ここでもこのような歴史遺跡があるのは気が付いていない。
昨年の7月大暴れした小田川が古、福山方向つまり西へ流れていた?証拠。

堂々川の砂留童謡(同様)長い間誰も気が付いていないものがある。
岡山県側の人は案内板を作っているから知っている人は多くおられるが
3km程の西の人は気が付かない人が多い事。
つまりうだつの上がる人が少なかったのか・・・いや眠い子をあやすのが好きでなかったのだ。
コメント (7)

巣箱かけ

2019-02-09 13:56:31 | Weblog
朝方は春の雨。
庭の石がうっすらと濡れている。他国関東では河津桜の開花が聞こえる。
しかし備後福山ではまだ蕾が膨らみ始めたばかり。


河津桜


昨日8日の出来事日記
朝、イノシシが罠に居るとの連絡に家から400mの堂々川の山よりの川原へ行く。


罠に近づくと歯音をカチカチさせて威嚇



突進 罠の金網が曲がる


よく見ると人間に苦められていた跡も見えた。
よく言われる手負いの猪、近くの人に被害が出ないうちに捕獲できてよかった。

お昼からは市立大学のゼミの卒業論文発表会
途中の池ではカモがおしくらまんじゅうの最中、どんどん仲間が集まる




ミコアイサ(パンダ鴨)も4羽見える


大学ではすでに発表は始まっていた。





そして2月27日ガバメントクラウドファンデング(ふるさと納税)の募金の
大口募金の希望者のために小鳥の巣箱を掛ける。下見をした。




堂々公園の中
巣箱の入り口は開けた場所が良いとのアドバイス



堂々川5番砂留川原東
昔の呼び名「兎谷」周辺


合計で16基懸ける。
何年も前、巣箱を掛けたものが残っていた。



この時はヤマガラが巣を作っていたようだ。
今回もヤマガラ、シジュウガラが営巣をしてくれるのを待つ。
要するにガラ、ガラ狙いだが
メジロもコゲラもヒヨドリもこの場にはたくさんいる。
コメント (8)

日和見事情

2019-02-03 17:12:32 | Weblog
明日4日は節分で立春、暦の上では春!
天気予報では気温が20度になるとも
しかし今は超小雨、これぞほんとの「春雨だ濡れて行こう」の世界。
外は曇ってカメラの露出が合わない梅の世界。






紅白梅だけ見れば春なんだ。

最近毎日エナガを中心にして鳥のショウが見られる。
今回は特別に種類が多い。


多分エナガ


メジロ、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、キジバトがほぼ同時に同じ木に来る。
メジロはヒヨに追われて逃げ又来る。










もう少しこの場でとりたいと思うが携帯が鳴り出かけた。
そこにもダイサギがいた。






用事を済ませて帰って、鳥の立ち寄ったスモモの木の下に来ると
冬なのにバッタがいるではないか。
春なんだ!



明日4日は節分。スーパーの店頭には豆が山盛りで売られていた。
思い出した。
2017年の1月の記事、わが地の江戸時代からの伝説「ゴンとハチの鬼伝説」の
DVDを作ったその残りが机の隅に数枚置いてある。
見たいという方メールをくださればお送りします。
これ、自然を尋ねる人の早めのバレンタイ・デーの贈り物です。
コメント (9)

さがす

2019-01-27 18:09:15 | Weblog
今我が家の柿木にスズメ、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ、シジュウガラ等がやって来て
騒いでいるが近づくと逃げていく。
 ガバメントクラウドファンデング(ふるさと納税仕組み)の返礼品に小鳥の巣箱を
架けることも募集したら16人も応募をいただいた。


2月の大安の日に堂々公園付近に設置


鳥の巣箱とということで堂々川周辺の巣を探巣。


多いのは烏のカラス(空巣)

すぐに5個は見つかった


他に鳥の巣をさがすがなかなか見つからない。
蜂の巣は沢山見つかった。

スズメバチ

多分スズメバチ

これは足長蜂


昨年の写真を探巣と


仏法僧

ミサゴ

ツバメの巣


名前がわからない


壊れ始めている巣


この巣モズみたいだが、わからない。




木から獲ってみるとモズと断定出来た



最近はプラ系統の紐をよく使っている

モズに聞いてみた


首をかしげている


自分が巣立った巣らしいのに!

モズ吉君
今年も巣を作って欲しい。メスを連れてきて欲しい。
給餌をすればほぼ間違いなくここで暮らせる。

我が家なら探巣こともないからね。お願い。
コメント (9)