~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

午前の呟き

2018-07-13 10:11:11 | 日記
下のキーワードを検索して下さい。
1 NHK 熊本県のニュース|NHK NEWS WEB
www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/

ア 点滴異物混入事件 別患者に使用予定の点滴袋からも消毒液成分
2018年7月13日 6時39分点滴に異物混入
横浜市の病院で点滴に消毒液を入れて患者を殺害したとして元看護師の女が逮捕された事件で、別の患者4人に使われる予定だった点滴袋からも同じ消毒液の成分が検出されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、元看護師が複数の患者を狙って消毒液を混入したとみて調べています。

横浜市神奈川区の旧「大口病院」ではおととし9月、入院患者の西川惣藏さん(88)と八巻信雄さん(88)が相次いで中毒死し、看護師だった久保木愛弓容疑者(31)が点滴に消毒液を入れたとして西川さんへの殺人の疑いで逮捕されました。

この病院では、ほかにもナースステーションに保管されていた未使用の点滴袋の一部から消毒液の成分が検出されていますが、その後の警察の調べでこれらの点滴袋は、西川さんと八巻さん以外の4人の患者に使われる予定だったことが捜査関係者への取材でわかりました。

警察は久保木容疑者が複数の患者を狙って消毒液を混入したとみて調べています。


2 金正恩氏、拉致調査の再説明を指示か :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32945670S8A710C1FF1000/

11 時間前 - 崔氏は2006年に、拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)が北朝鮮で韓国人拉致被害者と結婚したとの情報を明らかにした人物だ。崔氏が今回、情報を得た消息筋によると、金正恩氏は6月の米朝首脳会談後に「日本に再調査の結果を ...
含まれない: 直す

金正恩氏、拉致調査の再説明を指示か
北朝鮮 政治 朝鮮半島 2018/7/12 22:25

 【ソウル=恩地洋介】北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が最近、拉致問題に関する調査結果を日本に再説明するよう指示したとの情報があることが分かった。北朝鮮側は結果を受け入れるよう日本に要求しているという。韓国拉致被害者家族会の崔成龍(チェ・ソンヨン)代表が12日、北朝鮮指導部に通じる平壌消息筋の話として明らかにした。

 崔氏は2006年に、拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)が北朝鮮で韓国人拉致被害者と結婚したとの情報を明らかにした人物だ。崔氏が今回、情報を得た消息筋によると、金正恩氏は6月の米朝首脳会談後に「日本に再調査の結果を伝え、拉致問題を最終的に解決せよ」という指示を下したという。

 再調査とは、拉致被害者や行方不明者を含む「全ての日本人」に関する包括的、全面的な調査を約束した14年のストックホルム合意に基づくものとされる。北朝鮮側は日本政府に金正恩氏の指示内容を伝えたという。

 北朝鮮は拉致問題に関して、02年に表明した「8人死亡」との主張を繰り返している。日本側は客観的証拠がないとして、一貫して再調査を求めてきた。安倍政権はトランプ米大統領や韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を通じて、北朝鮮側に対話を再開し、拉致問題の解決をはかりたい意思を伝えている。

3 拉致、調査結果の「再説明」指示 金正恩氏、受け入れが対話の前提|全国 ...
www.saga-s.co.jp › 全国のニュース

15 時間前 - 北朝鮮による日本人拉致問題で、金正恩朝鮮労働党委員長が6月12日の米朝首脳会談後、拉致被害に関する調査の結果を日本側に「再説明」するよう指示したとの情報があることが12日までに分かった。韓国の被害者家族でつくる拉北者 ...

拉致、調査結果の「再説明」指示
金正恩氏、受け入れが対話の前提
7/12 19:08
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP=共同)
拡大する

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP=共同)
.
 北朝鮮による日本人拉致問題で、金正恩朝鮮労働党委員長が6月12日の米朝首脳会談後、拉致被害に関する調査の結果を日本側に「再説明」するよう指示したとの情報があることが12日までに分かった。韓国の被害者家族でつくる拉北者家族会の崔成龍代表が明らかにした。崔氏は北朝鮮内に独自の情報源を持ち、平壌の消息筋からこの情報を入手したとしている。

 北朝鮮は、日本がこの調査結果を受け入れることが対話の前提になると日本に伝えているとされる。安倍晋三首相は拉致問題解決に向け日朝首脳会談開催を目指しているが、調査結果の扱いが今後の日朝間交渉の焦点になりそうだ。
>> もっとくわしく読む
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 相撲 | トップ | 午後の呟き »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事