~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

イエス誕生「馬小屋」

2018-08-12 23:35:23 | 日記
下のキーワードを検索して下さい。
1 西日本 イエス誕生「馬小屋」公開 大浦天主堂キリシタン博物館 五島がテーマ 企画展始まる

イエス誕生「馬小屋」公開 大浦天主堂キリシタン博物館 五島がテーマ 企画展始まる [長崎県]
2018年08月12日 06時00分
写真を見る
 長崎市の大浦天主堂キリシタン博物館で11日、企画展「復活の島・五島列島」が始まった。世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産がある五島市・久賀(ひさか)島の歴史を中心に紹介する。4月にオープンした同館の初の企画展。同市・福江島の潜伏キリシタンの子孫宅に残る、イエス誕生の場面を表す模型「馬小屋」も公開している=写真。9月26日まで。

 久賀島では「信徒発見」後の1868年、信仰を表明した潜伏キリシタンが弾圧され、42人が亡くなる「牢屋(ろうや)の窄(さこ)殉教事件」が起きた。会場には、この事件で命を落とした野濱力蔵の墓碑の拓本や、かつてあった細石流(ざざれ)教会で洗礼に使われたという大皿など約30点並ぶ。

 「馬小屋」は、幼子イエスや聖母マリアに見立てた山伏像や如来像が木箱に入っている。これまで納戸に祭る神と考えられていたが、同館が新解釈を発表したばかり。来館者は興味深そうに像を見比べていた。

 同館の内島美奈子研究課長は「キリスト教の伝来から現在までの久賀島の歴史を知り、世界遺産全体を理解してほしい」と話す。入場料は天主堂の入場料(大人千円など)に含まれる。同博物館=095(801)0707。

=2018/08/12付 西日本新聞朝刊=

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 8月12日 スコタコの呟き | トップ | 逆転サヨナラ満塁ホームラン »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事