~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

車えびの出荷最盛期

2016-12-20 15:22:21 | 日記
NHK熊本県のニュース
上天草市 車えびの出荷最盛期
年の瀬を迎え、上天草市ではお歳暮や正月に向けた贈答用として人気のある車えびの出荷が最盛期を迎えています。

上天草市大矢野町にある天草漁業協同組合の車えびの養殖場では、20日朝はまだ暗いうちから作業が始まり、専用の船で養殖場の砂地の中にいる車えびが特殊な網を使って引き上げられ次々と隣接する作業場へ運び込まれました。
ことしの7月から育てられた車えびは重さが25グラム前後、体は鮮やかなしま模様をしています。
作業場の水槽は水温が10度ほどと、養殖場の海水よりも少し低めに設定されていて、車えびがおとなしくなったところを従業員の女性たちがおがくずを敷いた出荷用の箱に1匹ずつ並べ、手際よく箱詰めにしていきました。
天草漁協車えび養殖場の小崎陽介総合主任は「ことしは夏の猛暑の影響でいつもより小ぶりですが、形よく仕上がっています。生のままでおいしく味わってほしいです」と話していました。
この養殖場の出荷作業は年内は30日まで続き、1キロ8500円で九州をはじめ全国各地へ発送されるほか、その場でも販売されるということです。
12月20日 12時02分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河浦の玉木先生をお招きして | トップ | 12月21日 スコタコの呟き »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事