屋久島の樹上環境テーマパーク!「キャノッピ」

樹上から別角度の自然体験を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男性応募ゼロ、原因はコレ。

2016-07-05 11:09:31 | 公募
現地台湾で ワーキングホリデースタッフの面接を終えました。

先に「女性ばかり」と書き綴った後編です。
その理由が、現地に行ってわかりました。

ものすごく暑かったです。台北37℃は連日。そんななか、
「なぜ日本の若い女性は、日中、日傘をささないのですか?」
と逆に質問されました。
「日焼け止めを塗る」と答えましたが、
「ここ台湾でも塗ったりしますが、さっと取り出せる傘の方が
何かと便利で・・・」とかえされました。

さあ、本題です。
応募状況を関係者に話すと、
「興味対象がチガウ」のだそうです。
女性は、日本語にかなり興味があり
男性は、ない。と言い切る人もいました。
そうなのです。台湾各地の主だった都市にあるコンビニや
ボディーショップ、衣料チェーン店ではBGMに平気で
日本語音楽が流れているし、ラップミュージックも
よく聞いてみると、早口の日本語。
(おまけに日本女優のポスターなど貼ってあるので、もう、ニッポン!)

では、若い男性は日本に興味がない?

いいえ、「アニメ」に興味津々です。
(げすな表現でごめんなさい→アニメだけに興味がある)

これで ミッシングリングが つながりました。
男女同時に日本製アニメを見ていても
女性は 字幕と音声で日本語を学習しようとしますが、
男性は 動くアニメキャラクターを注視する。
つまり、脳の活躍部位がちがっていたのですね。

ワーキングホリデースタッフ募集の段階で、男女並列同位に
考えていたのがマチガイでした。
次回からはアニメキャラを登用して、台湾の男性諸君に
募集をかけることにしましょう。

セイントセイヤ→「サッサトコイヤ」、
ドラエモン→「ドラ、えーもん?」、
ドラゴンクエスト→「ドラゴン食える人」
なーーんて、ネ。


キャノッピ でした。










コメント   この記事についてブログを書く
« すごい。問い合わせの100... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

公募」カテゴリの最新記事