屋久島の樹上環境テーマパーク!「キャノッピ」

樹上から別角度の自然体験を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すごい。問い合わせの100%が女性。

2016-04-25 11:01:42 | 公募
「2016年日本屋久島打工度假Working Holiday招募台灣夥伴活動開始受理!」
http://canopywalk.web.fc2.com/entry29.html


として 現在募集中の ワーキングホリデー受け入れ。
おかげさまで10件をかるく超えるお問い合わせをいただいています。
SNSを通して 皆さんの告知が広まったおかげだと
感謝しております。

ところで今回、
問い合わせいただいてるのは すべて女性(^_^;)。
男性からの問い合わせがありません。
いったいどういうことでしょう。
募集締め切りまで まだしばらくありますので、
男性のエントリー、待ってまーーす。

そうそう、台湾国内のワーキングホリデーVISAの前期申請期間は
5月2日~6日。これを逃すと キャノッピと関われなくなりますので、
お知り合いがいたら、そこのところうまく伝えて~~♪

なぜ、男性からの問い合わせがないか、考えてみるのだけれど・・・


1.兵役、徴兵と関係有るのか?
  ●台湾の兵役制度は(以下はネットからのコピペ)
  2014年に制度が変わり、台湾では徴兵制が終わり、徴募制になりました。
  これを境に、1993年生まれの男性には1年の兵役が課せられますが、
  1994年生まれの男性からは4ヶ月の軍事教練で済むことになりました。
  この兵役は役男と呼ばれ、全員坊主刈り、週末以外は兵舎住まい、
  国外へは出ることが出来なくなります。
  住んでいたところから遠くに配属されることも多く、
  家族から離れて暮らすことになり、
  ガールフレンドにふられる大きな理由ともなっていて、
  これは兵変と呼ばれるそうです。
  兵役は就職にも影響し、女性の就業率が高い理由のひとつになっています。
  さらに、共同生活に耐えられなかったり、いじめにあった人もいて、
  問題になっていました。
  ●19歳以上 35歳以下(大卒者)、19歳以上 40歳以下(大学院卒)の間に
  男性には1年の兵役が課せられていましたが、現在は4ヶ月の軍事教練だけに
  なったようです。
  2013年までは、海外に留学しこの年齢の期間、台湾に戻ってこなかった場合は
  兵役に行かなくてもよかったみたいです。

2.では、兵役制度過渡期で、ワーホリの対象とする20~30歳の男性は
  兵役がらみのメンタルな部分を引きずっている。? 
3.ワーホリ募集枠が5000人にふくれた。
  ●今までは2000人・年間。
  なら、その分男性も率的にはあがるはず。

などなど 

  最終的には 応募者の興味対象有無問題となるのでしょうが、
  募集をかけている側としては、イケメン(心のイケメンで、OK!)の
  登場を待っているばかりで、あります。(-_-;)。

  

コメント   この記事についてブログを書く
« ワーキングホリデー 受付中! | トップ | 男性応募ゼロ、原因はコレ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

公募」カテゴリの最新記事