屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーを開催している屋久島自然学校のブログです。

暖冬なので12月でも快適なトレッキング【屋久島白谷雲水峡ガイドツアー】

2019年12月14日 | 屋久島白谷雲水峡ツアー

兵庫県から来られたYさん親子と屋久島白谷雲水峡のガイドツアーに行ってきました。

こちらは独特な色合いのマムシグサ。名の通り毒草なのですが、里いもの仲間でイモを作り、先日鉄腕ダッシュという番組で毒抜きをして食べていました・・・「おいしい」と言っていましたが。

白谷雲水峡は川沿いの気持ちよい道を登っていきます。透き通った水なので川底がはっきりと見えます。

あまり紅葉しない屋久島なのですが、ナナカマドの樹が少しオレンジ色に染まっています。

苔むした渓谷では撮影タイム。

何回見てもきれいなところです。

屋久杉のひとつ「くぐり杉」。くぐることができます。どのように出来たか想像してみてください。

シカの宿と呼ばれる屋久杉の残骸。こちらも中をくぐることができます。

推定樹齢数千年の七本杉。千年以上の屋久杉が当たり前のように見られるところが屋久島のすごいところです。

苔むした道を登っていくと。(人があるく道だけ苔が生えず白くなっています)

苔むす森と呼ばれるところに到着。ここに来るまでも十二分に苔むしていました。

人が少なくガラガラなのでゆっくりと撮影することができます。

12月は人も少なく、雪の心配も少ないので穴場の時期でもあります。

屋久杉の根元にも苔がいっぱい。いろいろと触ってみるのも楽しいものです。

太鼓岩に到着。ここに来るまではガラガラだったのですが、結構人がいました。

太鼓岩から東側の景色。白く立ち枯れた白骨樹が良く目立ちます。

この日の天気予報は曇りのち雨だったのですが、なんとか天気がもってくれて展望を楽しむことができました。Yさん達が晴れ女かな。

正面には安房川の支流、南沢。映画もののけ姫にも同じような川が描かれています。(モロの岩屋からの眺め)

屋久島の一番高い山、宮之浦岳もみることができました。見えないことが多いのでラッキーです。

北の方からは雲が忍び寄ってきました。

案の定、森の中に入り下山をしていると雨がボツリ。

すぐに止みましたが周りには霧が立ち込めてきました。

屋久杉に抱き着いていただきました。屋久島では特別大きな屋久杉ではありませんが、それでも数百年は生きていると思います。

この日は天候にも恵まれ、寒すぎず、人も少なく快適なトレッキングを楽しむことができました。

Yさん達、また屋久島に遊びにきてくださいね。お待ちしております。


アコウの大木に出会える住吉神社【屋久島観光スポット】

2019年12月07日 | 屋久島の暮らし・里の風景

ここではガイドブックには載らない地元の人しか知らないような屋久島の観光スポットをご紹介いたします。

今回は志戸子集落にある住吉神社。屋久島で一番大きな集落、宮之浦から車で10分ぐらいの所です。人口300人ほどの小さな集落ですので気をつけないと見過ごしてしまいます。

ちなみに志戸子集落ではガジュマル公園の方が有名です。ガジュマル公園に立ち寄るついでにこちらによってみるのも良いかもしれません。(専用の駐車場はありませんのご注意ください)

まずは数百メートルほどの参道を歩いていきます。周りには畑(ビワなどの果実)や草花などがあり、田舎ののどかな雰囲気が続きます。こちらはオオムラサキシキブの実。

小さな川が流れていて、「さくらばし」という名前がついていました。

道沿いにある石仏にふと興味が惹かれました。

近くでみると阿吽像の吽形ではないかと思いました。廃仏毀釈のときに壊されたのかもしれませんが、今でも大事にされているようです。

数千年の屋久杉にはおよびませんが神社らしくそこそこ大きな杉が生えています。

ちょっと変わった手水舎。

手水舎の片隅には石仏の身体の部分が置いてありました。もしかしら先ほどみた吽形の胴体かもしれません。事実は分かりませんが想像してみるのも楽しいものです。

拝殿が見えてきました。あまり訪れる人も多くないためか階段も少し苔むしています。

屋久島らしく焼酎がお供えしてあります。こちらではお神酒でも焼酎が使われたりします。お米があまりとれないので日本酒は作っていません。

オオタニワタリ(着生するシダ植物)があるのが南国らしいです。

こちらが本殿と樹齢数百年は生きているであろうアコウの木。

写真では大きさが伝わらないのですが、本当に大きいです。屋久杉を見慣れている私にとってはこちらの方が驚きました。(笑)

夜間、かがり火をつけた雰囲気もよさそうです。

今後も不定期ですが、屋久島の新たな見所をご紹介していきたいと思います。

ちなみに屋久島の里をめぐる観光ツアーも開催しております。興味のある方はぜひご参加ください。


太鼓岩からの紅葉がピーク!【屋久島白谷雲水峡ガイドツアー】

2019年11月30日 | 屋久島第2の巨木大和杉登山ツアー

今週見られた屋久島白谷雲水峡の風景をご紹介いたします。人も少なくなり快適なトレッキングを楽しむことができます。

気温は10℃~15℃。暖かい日が多かったですが、来月は寒くなってくるようです。

今週の見所はなんといっても太鼓岩からの紅葉。

屋久島は紅葉する樹木が少ないのですが、ヤクシマオナガカエデという屋久島固有の植物が色づいています。

白く立ち枯れた樹木は白骨樹と呼ばれます。主に屋久杉が多いです。

迫りくる雲がとてもきれいでした。

日が変わって大雨後の白谷雲水峡。このような日でも苔のしずくや雨のしずくがとてもきれいです。

増水している白谷川。水の勢いにはいつも驚かされます。

この日は残念ながら散策制限がかかっていたので奥の方まで行くことができず、ショートコースをゆっくりゆっくり歩きました。その方が色々な自然が見えてきたりもするので楽しいです。

雨が多く、こう配が激しいので至る所で滝をみることができます。飛流おとしの滝。

屋久島はこの水の力を利用して水力発電を行っています。

屋久島は「水の島」だと身をもって感じることができます。

ポツポツ紅葉している樹木があったり。

もちろん苔むした渓谷もみることができます。

大きな屋久杉「二代大杉」。この後、弥生杉も観察しました。

白い霧がかかってきて、森の中が暗くなりましたがそれもとても幻想的です。

台風で大木が倒れた跡は陽が射して明るい空間が生まれます。

短い時間でしたが苔むした緑の世界を楽しんでいただけました。

ぜひ、屋久島自然学校の白谷雲水峡ガイドツアーにご参加ください。

貸切ツアーですので悪天候でも柔軟に対応させていただきます。


ヤクシマオナガカエデが色づき始めた【屋久島白谷雲水峡ガイドツアー】

2019年11月19日 | 屋久島白谷雲水峡ツアー

大阪から来られたAさん達と屋久島白谷雲水峡の半日ガイドツアーに行ってきました。前日は縄文杉に行ってきたようですが、お元気な様子。

屋久島を代表するヤクシマオナガカエデが色づき始め、オレンジ色の落ち葉を多く見かけるようになってきました。

大きな岩を登って記念撮影をしました。屋久島を形作る花崗岩。

赤く紅葉したヤクシマオナガカエデの木。

苔むした森が有名な白谷雲水峡ですが、川沿いを歩くので水がとってもきれいです。

歩き始めて数分で癒される自然環境です。

飛流おとしの滝。雨が多く、急峻な屋久島は多くの滝が見られます。

白谷川の上流を目指して歩いていきます。

苔むした景色。下に落ちている葉っぱがヤクシマオナガカエデの葉。

いつものように苔むす渓谷で記念撮影。撮影したくなる景色がいっぱいあります。

季節や光の差し具合で景色も変わってきます。

くぐり杉をくぐったり。

推定樹齢千年以上の七本杉。写真ではなかなか大きさが伝わりませんが大きいです。

緑一色の世界を通り過ぎて行くと。

観光名所「苔むす森」に到着。

この日は光が射しこんでとてもきれいでした。

人も少なくなり、快適なトレッキングを楽しむことができます。

実が色づき始めたマムシグサ。いろいろな物が色づき始めて秋を感じるトレッキングでした。

ぜひ、屋久島に遊びにお越しください。

 

 

 


雲の隙間からこぼれ落ちる光が最高だった!【屋久島里巡り観光ガイドツアー】

2019年11月14日 | 屋久島里地観光ツアー

福岡県から来られたAさんご家族と屋久島里地の観光ガイドツアーに行ってきました。

前日は白谷雲水峡に行き、屋久島らしい苔むした森を堪能。

屋久島最終日、まずは千尋の滝展望所へ。この日の天気予報は曇り所により一時雨。少し心配していたのですが、雲のグラデーションがとてもきれいでした。

こちらが千尋の滝(せんぴろと読みます)。コンクリートで固めたような一枚岩が広大です。

次はキリスト教宣教師シドッチ上陸の地へ。

新井白石の「西洋紀聞」はシドッチを取り調べ、その検分をもとに著したものだと言われています。

地層が折れ曲がったり、切れたり、想像のつかない地球の力に驚かされます。

この日、一番お気に入りの写真。雲から零れ落ちる光がとてもきれいでした。

こちらは中間のガジュマル。推定樹齢300年。南国で見られる植物です。

気根と呼ばれる根っこや幹の張り具合がすごいです。

サンゴの殻が見られる海岸へ。誰かがサンゴ(ロック)バランシングをした跡。

すべてサンゴの殻です。よく見るといろいろな形のサンゴを見ることができます。

屋久島にはいろいろなタイプ(岩、サンゴ、砂浜など)の海岸があるのがおもしろいです。

日本の滝百選大川の滝。落差88m。左下に人がいるのを見てもらうと大きさが分かるかもしれません。

近くまで行くことができるのが良いところです。

大きな滝つぼです。水の色もとてもきれいです。屋久島に住んでいると「屋久杉の島」というより「水の島」の方がピンときます。

西部林道を通り、ヤクシマザルやヤクシカをいっぱい見た後、屋久島いなか浜へ。

(車を運転中だったので残念ながらサルやシカの写真はありませんがこの日は本当にたくさん見ることができました)

白い砂浜と海を見ているだけで気持ちが良いです。

飛行機の出発まで少し時間があったので屋久島のお茶屋さん「八万寿園」へ。

鹿児島・屋久島はお茶が名産です。

抹茶ソフトクリーム。200円と安いのも人気の秘密です。Aさんに奢っていただきました。ありがとうございます。

屋久島最終日でもこのように楽しむことができますので、もしよろしければ屋久島里巡りツアーをご検討ください。

Aさん達二日間に渡り、屋久島自然学校のガイドツアーにご参加いただきありがとうございました。