隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

・・・煙草に見る正月・・・

2017-12-30 06:18:25 | 煙草の包装紙と その時代

昭和30~31年およそ50年前のの正月のマイルドセブンの包装紙と思われます。羽子板と羽が描かれています。それにしても正月用の図柄にしては、文化的伝統的な絵柄であるとしても、ずいぶん恐ろしい、勇ましすぎる顔にみえますが?

コメント

この紋所は ?

2017-12-27 06:14:41 | 楽しい鬼がわら

東海道筋、大名行列の宿泊施設であった草津宿本陣の大屋根の上に座っていた鬼瓦です。おにのような恐ろしい顔つきでもなく、ただ大きいのみ。そしてその絵柄は何を表しているのか? 判じ物のようでよくわかりません ??   下え! 下え! と、連呼していた大名行列の旗指物 ?? かな

コメント

山の端に ・・・

2017-12-23 06:19:06 | 自然 景色 風景 **

寒い早朝の朝焼けでした。朝日が顔を出しつつありまして山の端が、くっきりと描かれていました。晴天で一片の雲も浮かんでいない、美しい稜線でした。

コメント

東海道と中仙道の、分岐点

2017-12-20 06:12:12 | 歴史の道しるべ
草津市に現存する東海道の本陣をすぎたあたりに、東海道中山道の分岐点があります。 徳川幕府の時代に大名行列の一行が宿泊された宿屋の草津宿本陣は国の史跡ともなっています。草津は東海道と中仙道が分岐する交通の要所で、1695年には浅野内匠頭、吉良上野介、が宿泊され、又、皇女和宮が徳川家光に嫁ぐ京都からの道中に、この本陣で昼食休憩をとられています。写真はこの本陣を過ぎた分岐点近くの寺院門前に立っていた道しるべです。
コメント

 なごりの花です。

2017-12-16 06:14:31 | ベランダ 小鉢に見る四季
ベランダで忘れるほど長い間咲きつずけてくれた草花です。最後の一輪をテーブルに飾りました、しかし名前がでてきません。いつまでも目を楽しませてくれてサンキュウです。
コメント

朝焼けの比叡山

2017-12-13 06:04:47 | 自然 景色 風景 **
朝焼けだ‼ 冷気のきびしい師走の朝早くの比叡山です。琵琶湖の南に位置する草津市から、湖を隔てて、はるか彼方に朝焼けした比叡山を望みました。山の向こうには京都市の街並みがあります。底冷えのする寒い夜明けでした。
コメント

たたかう 嵐の中の母子像

2017-12-09 06:11:24 | その他 気のむくままに
嵐の中の母子像は《核兵器廃絶のかぎりなき努力のために》本郷新氏の制作された像です。現在は、、立命館大学の滋賀草津キャンバスの中に設置されています。本郷氏は1953に立命館大学の京都広小路キャンバスの中に設置された《わだつみ像》の制作者でもあります。《わだつみ像》は、当初、東京大学に設置されるよていでしたが、拒否されたいわくつきのものです。京都では、わだつみ像を歓迎する学生と警察官が加茂川にかかっていた荒神橋で衝突し、学生が橋から転落する事件もありました。いわゆる荒神橋事件として語り継がれています。昭和28年(1953年)当時のできごとで橋は木造でした。二つの像は平和を願う一連の表現でもあります。
コメント

 狐の嫁入りって?

2017-12-06 06:13:08 | 自然 景色 風景 **
天候で、日差しがあるのに雨がパラつく現象とされ、怪しい現象だとされています。一方で農業の分野では、豊作が望める縁起の良いものとされているようです。たしかに地上の民家には日が差しています。表があり裏がある。虹は、天に架ける美しい橋とでも言うのでしょうか‼
コメント

ひまです。 イベント館。

2017-12-02 06:18:43 | 自然 景色 風景 **
いまはこれと言った国際会議もありませんので、国立京都国際会館のイベント館は手持ちぶさたのように立っていました。これと言って為すこともなく、たたずんでいました。屋根の上はるか彼方にみえるのは比叡山です。やはり何かの行事がありませんと、賑わいがないようです。
コメント