隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

600人野外演奏の静寂!!

2014-05-31 06:08:19 | その他 気のむくままに
著名なヴァイオリニスト葉加瀬太郎のヴァイオリン演奏と梅若玄祥の能「土蜘蛛が」護摩堂で演じられました。天台宗比叡山麓の里坊、大阿闍梨が住職をされている律院でのことです。去る5月23日何時も護摩を焚かれている護摩堂の前にテントがもうけられました。能やヴァイオリンを楽しみたい信者のためです。能の表演の時も、又、野外で聞くヴァイオリン演奏の時もその微かな楽器の音色にしわぶきの一つもなく、時々さえずる小鳥の声にも調和してヴァイオリン演奏の素晴らしい雰囲気を味わうことができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベッピンさん?やろか?

2014-05-27 06:16:36 | その他 気のむくままに
琵琶湖に近い所を走る京阪電車の石山線に、先日久しぶりに乗りました。大津市内は昔の町の中を人家すれすれにカーブして走らせています。この路線にカラフルに彩られた電車がありました。何かのキヤラクターだと思うのですが、私にはこの絵柄がチンプンカンプン、派手な電車ではありました。車内までも一部えがかれていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一本角?かな

2014-05-26 05:55:15 | 楽しい鬼がわら
通常の鬼瓦には有るのですが 口もとに牙らしいものが見当たらず、頭上には角が見当たりません。額の中央に欠けたような痕跡がありますのでこれが角だとすれば、珍しい一本角の鬼瓦の仲間入りになります。鼻の下には髭を剃ったようなちょぼ点があり、顔つきも愛らしい猿?のようです。しかしこの瓦、変わっていて愛きょうがあり貴重な鬼瓦のひとつです。(慈揚塔にて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛の神さん

2014-05-24 06:06:12 | 京の歴史 よもやま
仏教の守護神とされる歓喜天です。恋愛成就の神さんともされています。抱擁された体幹は人体ですが頭部は象になっています。女性の神さんが男性の神さんの足を踏んでいるらしいのですが?なぜでしょう?……天神社に祀られていました。明治の廃仏毀釈で仏教関係の偶像とされるものは破棄されましたが、このお宮さんでは仏教関係の仏像が、信者によって守られてきたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カズラの花

2014-05-21 06:05:28 | 自然 景色 風景 **
樹の高さ20mぐらいの樹です。いぜんにカズラ編みの業者が、この樹からつる蔓を取っているのを見かけました。その樹からそれぞれの枝先に垂れるように花が咲いていました。花の名前には詳しくないのですが、この花は間違いなく蔓、カズラの花だと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩られたお宮!

2014-05-19 06:06:46 | 京の歴史 よもやま
京田辺市にある天神社の本殿は明応2年(1493)約500年前の造営です、二間社造りと云われる規模の社殿ですが、当初から全体的に色付きの絵模様が施されていて、活気あふれるものだったようです。その後平成4~5年の修復作業で彩色の復元がなされていますので、現在でも大変はなやかな雰囲気でした。写真は右側面で左側が拝殿正面になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんちの 一休さん

2014-05-17 06:08:08 | 京の歴史 よもやま
この橋(端)渡るべからずの立札に、それでわと真ん中を渡った頓智の一休さんは、かわいらしい小坊主の印象があります。先日京田辺市の一休寺を訪れました。寺の規模の大きさやその人物像が、想像しているものとまったく違ったものでしたので認識をあらためました。一休さんは皇族の人らしく寺の境内を入ったところに、宮内庁が陵墓として管理されている墓所がありました。慈楊塔となずけられた立派な建物の中に墓があるようでした。方丈の中央に安置されていたこの木像は一休さんが88歳のときに作らせた等身像で、頭髪と髭は一休さんのものが使用されているようです。重要文化財に指定されています。又、一休さんの自由奔放な生きざまは、人間的で男らしいとも云われているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花 と 蝶 !!

2014-05-14 06:01:39 | 自然 景色 風景 **
野の道を歩いていましたら、白や赤の野菊が咲いていました。ヒラヒラと飛んできた蝶が一輪の花に止まりました。花と蝶のコントラスの美しさに見とれてパチリです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の 実り

2014-05-12 06:04:05 | 自然 景色 風景 **
道を歩いていましたら、路上に小さな果実が散らばっていました。何かなと見上げましたら、頭上の樹の枝にはより多くの赤色や薄赤いろの実が輝いていました。民家の庭から伸びた枝でした。グミの樹のようでしたが誰かが手を伸ばすでもなく、赤い実が街の景色のなかになじんでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を忘れた椿?

2014-05-10 06:00:59 | ベランダ 小鉢に見る四季
桜が先か?椿が先か? 毎年どちらが先に咲くのか楽しみに眺めていました。今年は桜前線が北の端まで行きそうなのに、わが家の椿は蕾み膨らむの状態です。何か変?今は5月の10日だと云うのに?樹が退化して来たのでしょうか、蕾みのままで落ちています。残念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加