矢嶋武弘の部屋

日一日の命 生への愛と崇敬 生の讃歌 命の火を燃やせ!
ブログ作家 ブログ評論家 ブログ記者

『砂の器』より

2020年02月15日 05時47分51秒 | 文学・小説・戯曲・エッセーなど
<以下の文を復刻します>老眼なので最近は小説類を読まないが、このあいだ松本清張の『砂の器』を読了した。野村芳太郎監督の同名の映画(1974年の作品)に感動したのでつい手が出てしまったが、読んで良かったと思う。 内容はあまりにも有名なので省略するが、怨恨ではなく宿命的な“生い立ち”が原因で、稀に見る善人・恩人を殺害するところがミソだ。 ハンセン病が早期治療で治ることは分かって . . . 本文を読む
コメント

<詩> 燃料棒

2020年02月15日 05時46分27秒 | 詩、その他
俺の燃料棒(アレ)は 古くて役に立たない使いすぎたのか しなびて短い もう使用済みだところが 核の燃料棒は 長くて元気がいいいくらでも使える? いや もう使用済みだって深いプールに入れられ 水に浸かって涼しい顔 ところが 水が足りないと ニョキっと顔を出すすると にわかに熱を放ち 元気一杯になるおい お前は使用済みだろう おとなしくしろ!そう叱っても “核棒”くん . . . 本文を読む
コメント

皇室が「京都御所」に戻るべき理由

2020年02月15日 05時37分21秒 | 政治・外交・防衛
私は天皇家・皇室は「京都御所」に戻るべきだと主張しているが、これにはもちろん理由がある。今の皇居は国民に開放されるべきだと言ったが、これは私の願望に過ぎない。問題は「首都」という概念である。私は日本の首都は「東京」だと思ってきたし、今でもそう思っている。しかし、そうではないとか、そう断定するのは間違っていると言う人がかなりいることが分かった。そこで少し調べたら、今でも「京都」が正統な首都だと主張し . . . 本文を読む
コメント (2)

皇居を国民に開放し、天皇家は「京都御所」に戻ろう!

2020年02月15日 05時33分12秒 | 政治・外交・防衛
以下の記事を復刻します。<はじめに>憲法改正の議論が高まってきたが、それならまず、天皇の地位、役割などを論議する必要があると思う。ここで個人的なことを言わせてもらうが、私は子供のころから、今の「皇居」は国民に開放されたら良いと強く願ってきた。徳川家がかつて江戸城から去っていったように、皇室も今の皇居から移っていくことを願う。しかも、皇室には別に「京都御所」という歴史的な場所が現存するのだ。そこへ移 . . . 本文を読む
コメント (6)