矢嶋武弘の部屋

日一日の命 生への愛と感謝 生の讃歌 命の火を燃やせ!
われ記す 故に われ在り 生涯一記者

雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと(田捨女)

2020年01月19日 03時57分34秒 | 芸術・文化・教育
<以下の記事を復刻します。>以前、表題の句をもとに「俳句は芸術なのか?」という一文を書いたことがある。そこで、一部修正を加えながらもう一度書き直してみたい。 「雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと」この俳句に接すると実に爽やかな気分になる。雪の朝の情景がすぐに目に浮かんでくるのだ。私も子供の頃はよく下駄をはいて、雪が積もった庭を歩いたことがある。その時のことが思い出されて懐かしさが込み上げ . . . 本文を読む
コメント (6)

『牧場の朝』

2020年01月19日 03時41分04秒 | 映画・芸能・音楽
こういう“叙景歌”はもう消えたのだろうか。文部省唱歌で、1932年(昭和7年)の作品とされる。牧場の朝・・・http://www.youtube.com/watch?v=OPdSbZbvPxY . . . 本文を読む
コメント

政治家の失言、暴言

2020年01月19日 03時30分35秒 | 政治・外交・防衛
<注・以下の記事は2010年11月に書いたものです。>柳田法務大臣の国会を軽視した発言が問題になっている。柳田大臣は、国会では2つの答弁を覚えておけばいいと述べ、1つは「個別の事案についてはお答えできない」、もう1つは「法と証拠に基づいて、適切にやっている」ということを挙げた。 テレビで見たら、柳田氏はやや得意気な感じで発言していたが、これは確かに国会を軽視、愚弄した言い方である。こんな . . . 本文を読む
コメント