ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

タブーをやっちゃった

2018-11-08 22:13:25 | 日記
芸能界には、暗黙の了解的に
タブー視される事がいくつかあります。

その一つが、
ある企業の広告に出たら、
その競合他社の広告には出ないのは勿論、
競合他社がスポンサーをしている番組に
出演するのを避けるといった事です。

だからドラマ枠など、
長期でスポンサー枠を取っている企業の
競合他社のCMなどに出ている俳優女優は
その枠のドラマには出演しないとかね。
月9とかがほぼローテーションで
同じキャストで回っているのはその為、
という事もあるでしょう。

競合と言ってもいろいろあります。
消費財や食品はもちろん、
都市伝説レベルですが
鉄道、特に京王グループと小田急グループは
仲がよろしくないと言われています。

なるほど、東京が京王グループと
切っては切れない関係で、
株主にも京王グループの企業が複数入っている中で
小田急グループは町田ゼルビアの
ユニフォームスポンサーになっています。

この辺でも張り合っているなというのが
垣間見えるところですね(笑)

ところでクラブはもとより、
トーチュウも「魂」と比べて
カラーズはほとんど表沙汰、
例えばトーチュウのサイトにキャストの
コラムを入れるとか、
試合日のステージイベントに
双子を上げるとかを
ほとんど見ていないですね。

その理由はこれにあるんじゃないかと
勝手に推測しています。



いやいやいや
小田急の広告に出て、
ライバル京王と密接なクラブの
応援番組に出ちゃダメでしょ。

ちなみに調べたところ、
小田急の広告には2017年1月から起用されていて、
上記のポスターは今年1月のもの。

つまり、もうカラーズが始まっている時。

よって、カラーズのキャスティングが
なされた時点で既に小田急の広告に起用されていて、
それが分かっていてキャスティングしたという事が
分かりますね。

ちなみに今年1月以降は小田急の広告に出た事は
確認できていません。
おそらくこれはマズイという事で
事務所か小田急が契約を打ち切ったのだと思います。

通りでカラーズが他のメディア的に
アンタッチャブルな感じになっているわけです。

ただ、これは別に双子が悪いわけではありません。
これらから分かる通り、
キャスティングが事務所のゴリ押しなのは明らか。

さすがにカラーズのスタッフも
クラブの株主企業のライバル、
しかも同じ東京のJクラブの
ユニフォームスポンサーをやっている企業の
広告に出ているタレントを
わざわざ選んでキャスティングするほど
頭がおかしくはないでしょう。

おそらく「何らかの力」が働いて
双子をキャスティングせざるを得なかったのでしょう。

というかキンチョウのCMに出てるのも
今一つ釈然としないですね。
キンチョウといえば長居球技場。
アイドリング!!!の仕事で
セレッソのホームゲームに行く中で
一人東京のユニフォームを着て応戦した
ゆりかは偉い、偉すぎる。

おそらくシーズンオフには番組の打ち切りか、
キャストの変更がなされるでしょうね。

そもそもムダにポジティブでつまらないし。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 「やってて楽しいか?」は愚... | トップ | スタンドにもいるよ »