ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

元青赤のあの人は今~強靭な精神力~

2020-02-16 17:15:36 | 日記
2009年、東京に強靭な精神力を持った九州男児がやってきました。

それは・・・


中村北斗!


・・・と紹介しましたが、
実は加入前から別のことで北斗選手には注目していました。
それは、
お兄さんがプロ野球選手!※当時

元日本ハムの中村隼人投手。
個人的に日本ハムファンというのがありまして(笑)
まだ日本ハムが東京ドームを本拠地としていた2002年には
先発ローテーションに入りオールスターにも出場。

ちなみに現在は歌舞伎町の有名焼肉店の店長をやっておられます。

で、「国見の北斗」ではなく「隼人の弟」という第一印象だったわけですが、
加入当初は怪我の影響で試合には絡めず。
初のベンチ入りとなった2009年J1第12節、
後半に梶山が負傷し、交代で北斗がピッチに。
そしてそのわずか7分後!※音声のボリュームにご注意を

平山のアシストから移籍後初出場初得点。
これでファン・サポーターの心をガッチリつかみました。

この年の終盤は石川が負傷離脱した事もあり、
サイドアタッカーとしても起用され、
またFKのキッカーとしても活躍しました。
そして迎えた故郷・諫早での天皇杯。
何も言いません。動画をごらんください(笑)


その後城福監督から大熊監督に交代した後も続けて薫陶を受け、
特に熊さんにはU-20代表で指導を受けていた事もあり、
とても重宝がられました。
先日のJ1昇格プレーオフで「ウォイ北斗!戻れ!!」と熊さんが叫んだとか叫ばなかったとか(笑)
J2時代の2011年、アウェイ湘南戦では果敢に仕掛け、
右エリアに力強いドリブルで進入、
セザーの決勝点をアシストなんていうこともありました。
その試合後のシャーはこちら。


なんでしょうねえ。
男に愛される選手です(笑)


J1復帰後の2012年、
サイドバックには太田宏介が加入。
古傷の右膝痛もあり、なかなか試合に絡めなくなりました。


それでも太田宏介の負傷離脱、
椋原が相変わらずふがいない事もあり、
2012年第17節でようやくシーズン初先発となります。
するとわずか開始3分。
ドリブルで仕掛け、左エリアからフィニッシュに持ち込もうとし、
一度は相手DFに阻まれるも、粘り強く相手DFにプレスをかけて
ボールを奪い返して前に抜け出し、右足で流し込みゴール!

と、このように出番が来ると速やかに結果を出すのが
北斗のストロングポイント。
それも強靭な精神力がなせる業でしょう。

しかし、シーズン終盤に右膝内側半月板を損傷し離脱。
翌年夏場に復帰し、その後はベンチ入りを続けたものの、
公式戦出場は無いまま2013年限りで退団することに(´・ω・`)
その時のコメント。
『東京では怪我もあって、自分で納得のいくシーズンは
1年もありませんでした。試合に出られない焦りや、
チームに貢献できていない不甲斐なさを感じると同時に、
応援してくれたみなさまにはプレーで恩返しすることが
できなくて申し訳なく思っています』


今までここまでストイックなコメントを残して移籍していった選手は
見たことがありません(´Д⊂

で、2014年の大宮はおいといて(笑)
2015年、古巣のアビスパ福岡に復帰。
副将を担い、チームのJ1復帰に大きく貢献。
昇格プレーオフでのゴールは記憶に残るところです。


この強靭な精神力と出番が来ればすぐに結果を出すところは、
おそらく「自分自身と戦っている」からなのでしょう。
極限まで己と向き合うからこそ、いつでもやってやる準備はできていると。
そこには今の東京に欠けている何かが潜んでいるような気がします。

そして長崎を経て昨年限りで引退。
福岡の下部組織のコーチに就任との事。

お疲れ様でした。


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス





いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。



PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

この記事についてブログを書く
« 元青赤のあの人は今~だって... | トップ | けっこう難しい »