ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

タブーをやっちゃった

2018-11-08 22:13:25 | 日記
芸能界には、暗黙の了解的に
タブー視される事がいくつかあります。

その一つが、
ある企業の広告に出たら、
その競合他社の広告には出ないのは勿論、
競合他社がスポンサーをしている番組に
出演するのを避けるといった事です。

だからドラマ枠など、
長期でスポンサー枠を取っている企業の
競合他社のCMなどに出ている俳優女優は
その枠のドラマには出演しないとかね。
月9とかがほぼローテーションで
同じキャストで回っているのはその為、
という事もあるでしょう。

競合と言ってもいろいろあります。
消費財や食品はもちろん、
都市伝説レベルですが
鉄道、特に京王グループと小田急グループは
仲がよろしくないと言われています。

なるほど、東京が京王グループと
切っては切れない関係で、
株主にも京王グループの企業が複数入っている中で
小田急グループは町田ゼルビアの
ユニフォームスポンサーになっています。

この辺でも張り合っているなというのが
垣間見えるところですね(笑)

ところでクラブはもとより、
トーチュウも「魂」と比べて
カラーズはほとんど表沙汰、
例えばトーチュウのサイトにキャストの
コラムを入れるとか、
試合日のステージイベントに
双子を上げるとかを
ほとんど見ていないですね。

その理由はこれにあるんじゃないかと
勝手に推測しています。



いやいやいや
小田急の広告に出て、
ライバル京王と密接なクラブの
応援番組に出ちゃダメでしょ。

ちなみに調べたところ、
小田急の広告には2017年1月から起用されていて、
上記のポスターは今年1月のもの。

つまり、もうカラーズが始まっている時。

よって、カラーズのキャスティングが
なされた時点で既に小田急の広告に起用されていて、
それが分かっていてキャスティングしたという事が
分かりますね。

ちなみに今年1月以降は小田急の広告に出た事は
確認できていません。
おそらくこれはマズイという事で
事務所か小田急が契約を打ち切ったのだと思います。

通りでカラーズが他のメディア的に
アンタッチャブルな感じになっているわけです。

ただ、これは別に双子が悪いわけではありません。
これらから分かる通り、
キャスティングが事務所のゴリ押しなのは明らか。

さすがにカラーズのスタッフも
クラブの株主企業のライバル、
しかも同じ東京のJクラブの
ユニフォームスポンサーをやっている企業の
広告に出ているタレントを
わざわざ選んでキャスティングするほど
頭がおかしくはないでしょう。

おそらく「何らかの力」が働いて
双子をキャスティングせざるを得なかったのでしょう。

というかキンチョウのCMに出てるのも
今一つ釈然としないですね。
キンチョウといえば長居球技場。
アイドリング!!!の仕事で
セレッソのホームゲームに行く中で
一人東京のユニフォームを着て応戦した
ゆりかは偉い、偉すぎる。

おそらくシーズンオフには番組の打ち切りか、
キャストの変更がなされるでしょうね。

そもそもムダにポジティブでつまらないし。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村

「やってて楽しいか?」は愚問・・・のつづき

2018-11-08 17:16:00 | 日記
前回の続きです。

プロフェッショナルだからこそ、
クオリティを上げて行く事は求められますが、
楽しくやる事は求められていないと思います。
「躍動」とか「生き生きとした動き」
というのは「楽しい」とは違います。
躍動しているのは人並み以上の努力や準備を
してきているからで、
楽しそうだから躍動しているわけではありません。

あともっと言うと、
「楽しい」を優先してこだわりを持つと、
ほぼ確実に「勝つ」にこだわる相手に負けます。

やはり「勝つ」までの
最短距離を突き進むチームには、
パワーでもスピードでも、
「楽しさ」を優先するチームは負けてしまう。
なぜなら「勝つ」までの
最短距離を突き進むチームは
楽しいとか以前に勝つ事を第一に考えて、
余計なことを一切しないんだから、
勝つに決まっているでしょ。

だからこそ、より一層「勝つ」事に
もっとこだわってほしい、
「やってて楽しいか?」なんて
愚問を投げかける人間はいなくなってほしい。

だって、嫌じゃないですか。
「勝つ」事以前に「やってて楽しい」を
優先されて、やってるほうも見てるほうも
「負けたけど楽しかった」とか宣われるのは。

「楽しい」を追求して、尚且つ勝とうとするならば、
「勝つ」までの最短距離を突き進むチームに
勝てるだけの「勝つ事」に対しての貪欲さを
身につけていなくては、戦うことすらできないです。

「楽しい」という基準値を仕事に設けてしまうと、
必ず「やりたい事」と「できる事」しかしなくなる。
そうなると「苦手な事」「嫌な事」から目を背け、
結果的に、そのウィークポイントを相手に突かれて、
惨敗という結果に辿り着くと。

結局のところ、
サッカーという「仕事」に対して
「楽しい」とかいう概念をすぐに持ち込む人間は、
現実の厳しい競争社会から、
逃げている人間なんだと思います。

「楽しい」という概念の上に
仕事が成り立っているのではなく、
「勝つ事」「良い結果」の上に
「楽しい」という概念が乗っているんです。
ここを徹底的に突き詰めていかないと、
いずれ自分の「やりたい事」を捻じ曲げるような
チームになってしまう結果になります。

「楽しいサッカーが見られれば結果はついてくる」
なんて理論では、残念ながら結果はついてきません。
なぜなら、そのような「楽しいサッカー」を
している間に他のチームは勝つ為、
結果を出す為の最短ルートを辿り、
「勝つ」「より良い結果を出す」という
一番大事なものを奪っていき、
そこには何も残りません。

だから、本気になって
全ての試合を取りに行かなくてはいけないし、
競争相手に対しては、
全力で潰しに行かなくてはいけません。

「楽しさ」だけを追求するのは
「自チームがかわいい」か
「応援以外に楽しさを求める」だけであって、
根底で「勝つ事」は二の次になっている人です。

そりゃやってる選手は
「楽しさ」か「結果」かの二択ではなく、
まず結果を取りに行く貪欲さがなきゃ、
それこそ、仕事は「楽しくない」ですよ。

「中に絞りすぎ」「ボールウォッチャー」とか
辛辣な言葉を投げかけられるのも
選手の「仕事」のうちだと思いますが、
「やってて楽しいか?」と言われるのは
選手の仕事ではないですね。
なぜなら「楽しい」という概念の上に
仕事が成り立っているのはないのだから。

どんな職業に対しても
「楽しいか?」なんて聞いちゃいけないです。
その発言はその人の人生も、仕事も、
全て否定することになると思いますから、
この言葉ほど、
相手を侮辱した発言はないと思います。

それに「勝つ」事にこだわるのは楽しくないですが、
結果が出ればやっぱり楽しいですからね。

スポーツ選手だけでなく、
世の中の職業は「仕事」が楽しいのではなく
「結果」が楽しいものなのです。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村

「やってて楽しいか?」は愚問

2018-11-08 11:12:00 | 日記
昨年の終盤のように選手が
ピッチ上でどこか窮屈そうに
プレーをしていると、それを見て
「やってて楽しいか?」
といった放言をちょいちょい見かけます。

おそらくそういう人は
選手がお金をもらってプレーしている
プロフェッショナル、
つまりサッカーが仕事だという認識が
決定的に欠けているし、
当事者意識も希薄なんじゃないかと思います。

どんな職業でもそうですが、
仕事を楽しいか楽しくないかという基準で
考える人はどうも仕事、ひいては世間を
舐めているように思います。

楽しかろうが、楽しくなかろうが仕事は仕事。
つまらない仕事でもつらい仕事でも、
誠実に向き合って行くしかありません。
もっと言えば、
基本的に仕事は楽しくないものだと思います。
しかし、仕事ができる人というのは
仕事を「楽しそうに」やっています。

仕事って基本的に大変です。
ミスは許されないし、
気の合わない上司(指導者)や
サポーターと自称する賑やかしどもとも
うまくやらなくてはいけないし。

でも、たまにですが感謝されたり、
いいプレーをしてファンや指導者から
褒められたりすることもある。
こういう、たまにある嬉しい事が
「楽しさ」になって、
長期間続けられる原動力になっているわけです。

社会人の方々は分かると思いますが、
仕事というのは常に問題や壁ばかりです。
悩んで悩んで眠れないことだってあります。
だからこそ、その困難を乗り越えた時に
人間として成長する事ができます。

プロの技術を持ってプロフェッショナルとなった
選手たちは、そのレベルに達するまでに、
人並み以上の努力をしてきています。
そういう意味で、プロからはとても学ぶ事は多いです。
スポーツ選手はとてもわかりやすい形で
結果が出てくるし、競争相手も明確に見えます。
それこそ、毎日壁を乗り越えるために
必死でぶつかっているでしょう。

正直、仕事なんて楽しい事より
つらい事のほうが多いのが事実です。
しかし、たまにある嬉しい事や困難を乗り越えて
人間として成長して初めて、全体としては
「楽しい」と感じる事ができるのだと思います。

なので、最初に戻りますが
サッカーを職業としている人たちに
「やってて楽しいか?」と問うのは
全く持って愚問でしかありません。

ちょっと長くなったので続きはまた。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村

『LINE LIVE』に森重真人選手、橋本拳人選手が登場

2018-11-08 05:01:58 | 日記
今日です。

FC東京公式LINEアカウント『LINE LIVE』に
森重真人選手、橋本拳人選手が登場!


LINEがスポンサーになってからは
初めての公式イベントですね。

2012、2016のACLを振り返るって、
両方いたのは確かにこの二人と
あとは米本、草民くらいか。

うーん確かにいないね(笑)

というかケントも2012年は1年目で
全然試合に絡んでないし(笑)

かと言っておでんさんと草民だと
草民がチャラくておでんさんが煮立ちそう(笑)

13:00~の予定です。お楽しみに~




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村

背番号変わりました。


にほんブログ村