84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

立春

2016年02月04日 | Weblog

  春立つや足裏に唄ふ昨夜の豆
     はるたつや あうらにうたふ よべのまめ

北窓を開けると日光雪嶺が飛び込む。朝刊取り込み途中には薄氷のバケツ。玄関前には昨夜撒いた豆が散乱していた今朝。冷え込みの中で始まったT・Gゴルフ会の春季大会には40名弱が参加。32ホール71点の2位。84歳になる年の節分に続くラッキーな春の始まりだ。

コメント