水割り3杯の雑談

毎日、夕方6時を過ぎる頃、台所のテーブルで書いていたエッセイをブログに。足元にはエサをねだる愛猫が。私は68歳。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あした晴れるか

 | Weblog
この1か月で世界の株式の時価総額(株の現在価格に発行済み株式数を掛け算したもの)は630兆円減ったというのが、今朝の日経新聞の1面トップの見出しである。日本の本予算を約90兆円として、その7倍のカネが空中に消えたのだからすごい。 原因は欧州発の経済不安で、ユーロ安とドル安が重なって、日本株もガタガタ。言葉だけ聞くと円高って好い響きなのだが。  口蹄疫はテレビニュースを観る限り、すべてが悪化しているようで、国が支援するといっても、酪農家の方々の生活(仕事9がもとに戻るのは10年先だって保証することはできないだろう。そこに加えて普天間だ。 いいニュースがない(悪いことが重なる)季節というのがあるように思う。  そういうときは他に目を向けようというのが、私の経験則だ。 ウチの持ち株も消えた630兆円の中の1ツだから、急降下しているが、幸いにして、それは借金して買ったものではないから、半塩漬けというか、次の晴天を腕を組んで待つことができる。 株がダメなら競馬があるさ、で昨年は回収率100%の3年連続はならなかったが、今年は悪くない。そこへおもしろいニュースが入ってきた。中学2年の孫が学習塾へ通い始めたら、途端に学力がアップして大喜び、なのだそうだ。 その姉が4月に県立の志望高校に合格しているが、もしかすると姉の上のランクの高校も望めるという。 ま、この種の話はすべては結果だから、いまから祝い酒を呑むことはできぬが、とにかくいいニュースであることは確かで、スポンサーである家人の顔が明るくなった。 塾の力(教え方)は価値があるようだ。そこへ通う孫の学力は(私が聞いた範囲でも)昔の私より下ではないかと思ったりしていた。 「きのう雨、きょうは曇り、あした晴れるか」は誰の言葉だったか。 この季節、まさに「あした晴れるか」だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月23日 | トップ | 美男子 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事