yabanjin-soulのTシャツ魂

ロック魂を手描きで表現するyabanjin-soulのたわごと・ひとりごと

隠蔽体質

2018年04月18日 | 国際・政治

財務官僚のセクハラ発言を擁護する麻生財務相。

「被害者が出てこないとどうしようもない」なんて言って擁護しているけど、

録音テープがあるのにもかかわらず、

やった側の「同僚に対して言った」という無茶苦茶な主張をそのまま擁護。

というか、そう言って「逃げ切れ」と誰かが助言したに違いない。

その誰かというのは証人喚問で「訴追の恐れがあるから答えられない」と助言した人と同一人物なんだろうな。

こんな説明で本当は逃げ切れるわけがないんだけどね~。





これは、

防犯カメラに映った犯罪行為で「犯人はこいつだ」と言われているのに「裁判で確定するまで報道してはいけない」と言っているようなもの。


セクハラ発言が録音されているのに「疑わしきは罰せず」と擁護する安倍内閣支持者もいるし、

いったい彼らはどんな認知の仕方をしてるんでしょうね~。(笑)


ここにも隠蔽体質が現れている。


この隠蔽体質は、様々な犯罪行為に繋がってしまってます。


まあ、バレなきゃOKとなってしまうのも仕方のないことなのかもしれないけど、

国の中枢がこれだから

絶対に税金なんて払いたくなくなっちゃうよね~。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 触法行為をしたのは間違いない。 | トップ | 壁面画「こいのぼり」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事