串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

旅の始まり(温海温泉)

2007年06月02日 | 旅-東北

夜、大阪を経ち、一路新潟を目指し北陸道を走りました。

第1湯は温海温泉。ここに気になる宿があります。
しかし、廃業したと聞いていたので、お風呂は「瀧の屋」の風呂を借りる事に・・・。

瀧の屋は、昔の風情を残しながら内部はきれいに
改装されているこじんまりした宿でした。

あまり特徴のない湯が掛け流されています。
清潔感漂いますが、おもしろみのない浴室。

もう1湯、共同浴場の下湯へ。
熱い、しゃきっとする湯は健在。

温海温泉は温海川を挟んで、大小の宿が並んでいます。

気になる宿は、川に面して建っていました。

木造三階建ての菊屋旅館です。
宮大工が凝りに凝って作ったという館内を見てみたかった。

「喜久の間」の外壁に施された菊水模様。
ガラスがはめこまれて、うまく外光を取り入れている。

この部屋に泊まりたかった。
しかし、時、すでに遅し。
閉めた宿は廃墟となるのを待っているようでした。


この記事についてブログを書く
« 車窓から | トップ | 道の駅鳥海で »

旅-東北」カテゴリの最新記事