とこのへや

とこの雑貨と、とこのお洒落着。
とこは樺太に住んでいたことがあります。
ときどきとこの嫁日記となります。

足は痛い!06

2018-08-06 21:51:13 | 日記

今日から復帰、と意気込んで、1時間早く起きて会社へ向かった。



…前回、足が痛いし、もう一歩も進まれん!無理!とタクシーに乗った
ターミナル駅の西口を過ぎて、エスカレーターもエレベーターもない、と
気がついて愕然とするも、30~50段くらいある階段をせっせと上り、
山の手線の電車に乗り込んだ私であった。

会社の最寄り駅ではエレベーターに感謝しつつ、
既に強い日差しとなっている中、会社に向かった。
両腕に松葉杖、片足に白い包帯で固定したギプスとギプスシューズ、
お腹の前に固定したリュックへ定期券を仕舞って
またもせっせと腕と足を動かして、いつもなら5分ちょっとのビルへ、
10分ほどかかって汗だくで到着したフロア。

上司は「おお」と言ったが、すぐ足のギプスと松葉杖を見て、
裏切られたといったような表情。

二十日間休みと言ったのは、ギプスが取れて出社できることを前提としていた期間だったのだ。

今度の金曜に再度受診すればおそらくギプスを外してその後リハビリとなるはず、
と伝えると、そこまで休んだ方がいい、いや、休むべきだ、と優しい言葉でおっしゃる。

まぁ、そうでなければ筋が通らないのだ。
足を着地して体重をかけてはイケないので松葉杖だが、
松葉杖での通勤が辛く、危険を伴うので休暇を取るという建前だからだ。

それで。
結局、有給のことなど確認して、今週いっぱいお休みすることに。
地方の営業所へも、休暇を延長することを伝え、
午前中、不在の間の進捗を確認して、気になる点を各位へお知らせして
その日の午後も休暇。

こんなことでもなければ、長期休暇なんてなかなか取れないしね。
そう、開き直ることにしたが、なんだか、今度は週明け、ギプスをとって
杖ぐらいで歩けるようにならなければならない、気がしてきた。

午後休して、またも心配した夫の好意に甘えて車で迎えに来てもらい、
楽して帰宅したのに、まるでマラソンでもした後のように疲れて眠くなり、
横にならざるを得なかった。

しばらくして身体を拭いて、足の様子も見た。
足の甲は浮腫んで、相変わらず、くるぶしは腫れている。
リハビリのこと、ちょっと調べてみるか。
踵を持って左右に動かすとまだ痛む。

今日会社に行けたのは、複数の意味で良かった。
でもまだ、足は痛い。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« あやしい。。 | トップ | 足は痛い?07 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事