広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

vol 293 ヤーコンで出会った人々(その3)元第一勧銀頭取 近藤さんのこと

2017年03月22日 | Weblog
平成8年春、ヤーコンジュースの生産設備を完成し、販売手段を考えていた時のことです。
横浜で運送会社を経営している同級生のI君が来て助言をしてくれました。
「同級生の近藤さんに相談することよ。彼は第一勧銀の副頭取になっているからね」と。
近藤さんとは小学校から机を並べた仲でしたが、早速お願いするため上京しました。

ヤーコンを日本に広めたいとの私の考えにその場で賛同してもらい、その上で
銀行内にヤーコン応援隊を作ろうと2人の人を紹介してもらいました。
「渡邉君がその都度、東京に出てくることは大変だろう。なんでも相談したら良い」と
先ず行内の食堂にヤーコンジュースを置いてもらうことから始まりました。

結果として2人の方にお願いし、成果につながった事が2つありました。
1つは、日本を代表する所謂”健康雑誌”にヤーコンの紹介記事を多数書いてもらったことです。
平成9年から11年にかけて、ヤーコンジュースやヤーコン茶のことなどを紹介してもらいました。
ヤーコンを多くの消費者に知ってもらうことが出来ましたが、その窓口となってもらいました。

もう1つはサンパウロから”ヤーコン茶(商品名はcya yakon)を入手してもらったことです。
現地では「糖尿病に良いお茶で、肌を美しくする」と評判になっているとの情報を
偶然にも私が耳にしたことに始まります。そして中身がヤーコン葉であることを知りました。
さすがはメガバンクで入手の速さに驚くとともに、現地の情報まで入れてもらいました。

お蔭様で平成9年秋に、現在に至る”ヤーコン茶王”を販売する事が出来ました。
後日、全薬工業さんも現地の情報を元にヤーコン茶の詳細な研究を進められ、
私よりも少し前に販売されていることを知りました。
薬学博士の皆さんのおかげで科学的な裏付けもでき、ヤーコンの価値が一層上がっりました。

近藤さんはその後頭取となられ、現在も尚、私どものヤーコンジュースの愛飲家でもあります。
同級生ではありますが、私にとってヤーコンで出会った最大の恩人でもあります。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« vol 292 ヤーコンで出会った... | トップ | vol294  ヤーコンで出会っ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事